Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.11. PMU を使用したゲスト仮想マシンのパフォーマンスの監視

Red Hat Enterprise Linux 6.4 では、テクノロジープレビューとして vPMU(仮想 PMU) が導入されました。vPMU は、Intel の PMU (Performance Monitoring Units) に基づいており、Intel マシンでのみ使用できます。PMU により、ゲスト仮想マシンの動作を示す統計の追跡が可能になります。
パフォーマンス監視を使用すると、開発者はプロファイリングにパフォーマンスツールを使用する一方で、開発者は CPU の PMU カウンターを使用できます。仮想パフォーマンス監視ユニット機能により、仮想マシンユーザーはゲスト仮想マシンで発生する可能性のあるパフォーマンスの問題のソースを特定できるため、KVM ゲスト仮想マシンのプロファイルが改善します。
この機能を有効にするには、-cpu host フラグを設定する必要があります。
この機能は、Red Hat Enterprise Linux 6 を実行しているゲスト仮想マシンでのみサポートされており、デフォルトでは無効になっています。この機能は、Linux perf ツールの使用でのみ機能します。以下のコマンドを使用して、perf パッケージがインストールされていることを確認します。
# yum install perf.
perf コマンドの詳細は、perf の man ページを参照してください。