15.6.2. 後に再起動するために実行中のドメインを停止する

virsh managedsave domain --bypass-cache --running | --paused | --verbose は、後に同じ状態から再起動できるように実行中のドメインを保存し、破棄 (停止) します。virsh start コマンドを併用すると、ドメインはこの保存したポイントから自動的に起動します。--bypass-cache オプションを併用すると、保存により、ファイルシステムのキャッシュは回避されます。このオプションは保存プロセスのスピードを低下させることに注意してください。
--verbose: ダンププロセスの進捗が表示されます。
通常の状態では、管理保護は、保存の実行時にドメインが置かれている状態に応じて実行中 (running) の状態または一時停止 (paused) の状態のいずれかを決定します。ただし、実行中の状態のままにすべきであると指定する場合は --running オプションを使用するか、または一時停止の状態のままにすべきであると指定する場合は --paused オプションを使用することで、これを上書きすることができます。
管理保存の状態を削除するには、virsh managedsave-remove コマンドを使用します。このコマンドは、ドメインの次回の起動時に完全なブートを実行するように強制します。
管理保存プロセス全体は domjobinfo コマンドを使用して監視することも、domjobabort コマンドを使用してキャンセルすることもできることに注意してください。