15.5.23. 仮想マシンの XML ダンプの作成 (設定ファイル)

virsh を使用してゲスト仮想マシンの XML 設定ファイルを出力します。
# virsh dumpxml {guest-id, guestname or uuid}
このコマンドはゲスト仮想マシンの XML 設定ファイルを標準出力 (stdout) に対して出力します。この出力をファイルにパイプすることで、データを保存することができます。この出力を guest.xml というファイルにパイプする例を以下に示します。
# virsh dumpxml GuestID > guest.xml
このファイル guest.xml はゲスト仮想マシンを再作成することができます (「ゲスト仮想マシンの設定ファイルの編集」を参照)。この XML 設定ファイルを編集することで、追加のデバイスを設定したり、追加のゲスト仮想マシンを配備したりすることができます。
virsh dumpxml 出力の一例
# virsh dumpxml guest1-rhel6-64
<domain type='kvm'>
  <name>guest1-rhel6-64</name>
  <uuid>b8d7388a-bbf2-db3a-e962-b97ca6e514bd</uuid>
  <memory>2097152</memory>
  <currentMemory>2097152</currentMemory>
  <vcpu>2</vcpu>
  <os>
    <type arch='x86_64' machine='rhel6.2.0'>hvm</type>
    <boot dev='hd'/>
  </os>
  <features>
    <acpi/>
    <apic/>
    <pae/>
  </features>
  <clock offset='utc'/>
  <on_poweroff>destroy</on_poweroff>
  <on_reboot>restart</on_reboot>
  <on_crash>restart</on_crash>
  <devices>
    <emulator>/usr/libexec/qemu-kvm</emulator>
    <disk type='file' device='disk'>
      <driver name='qemu' type='raw' cache='none' io='threads'/>
      <source file='/home/guest-images/guest1-rhel6-64.img'/>
      <target dev='vda' bus='virtio'/>
      <shareable/<
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x0'/>
    </disk>
    <interface type='bridge'>
      <mac address='52:54:00:b9:35:a9'/>
      <source bridge='br0'/>
      <model type='virtio'/>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
    </interface>
    <serial type='pty'>
      <target port='0'/>
    </serial>
    <console type='pty'>
      <target type='serial' port='0'/>
    </console>
    <input type='tablet' bus='usb'/>
    <input type='mouse' bus='ps2'/>
    <graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes'/>
    <sound model='ich6'>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x04' function='0x0'/>
    </sound>
    <video>
      <model type='cirrus' vram='9216' heads='1'/>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x02' function='0x0'/>
    </video>
    <memballoon model='virtio'>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x06' function='0x0'/>
    </memballoon>
  </devices>
</domain>
<shareable/> のフラグが設定されている点に注意してください。ドメイン間でのデバイスの共有が予想されていることを示しています (ハイパーバイザーおよび OS がこれに対応していると仮定)。つまり、このデバイスに対してはキャッシュ機能は非アクティブ化されます。