Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.13. ゲストごとの仮想マシン情報の表示

このセクションでは、各ゲストの仮想マシン情報の表示に関する情報を提供します。

14.13.1. ゲスト仮想マシンの表示

ゲスト仮想マシンのリストとその現在の状態を virsh で表示するには:
# virsh list
使用可能なその他のオプションは以下のとおりです。
  • --inactive オプションは、非アクティブなゲスト仮想マシン (つまり、定義されているが現在アクティブではないゲスト仮想マシン) を一覧表示します。
  • --all オプションは、すべてのゲスト仮想マシンを一覧表示します。以下に例を示します。
    # virsh list --all
     Id Name                 State
    ----------------------------------
      0 Domain-0             running
      1 Domain202            paused
      2 Domain010            inactive
      3 Domain9600           crashed
    
    このコマンドを使用して表示できる 7 つの状態があります。
    • Running - running 状態は、CPU 上で現在アクティブなゲスト仮想マシンを指します。
    • Idle - idle 状態は、ドメインがアイドル状態であり、実行されていないか、実行できない可能性があることを示します。これは、ドメインが IO (従来の待機状態) を待機しているか、他に何もすることがなかったためにスリープ状態になっていることが原因である可能性があります。
    • Paused - paused 状態は、一時停止されているドメインを一覧表示します。これは、管理者が virt-manager または virsh suspendpaused ボタンを使用すると発生します。ゲスト仮想マシンが一時停止すると、メモリーとその他のリソースを消費しますが、ハイパーバイザーからのスケジューリングと CPU リソースには対応していません。
    • Shutdown - shutdown 状態は、シャットダウン中のゲスト仮想マシン用です。ゲスト仮想マシンにシャットダウンシグナルが送信され、操作を正常に停止するプロセスにあるはずです。これは、すべてのゲスト仮想マシンのオペレーティングシステムでは機能しない可能性があり、一部のオペレーティングシステムはこれらのシグナルに応答しない場合があります。
    • Shut off - shut off 状態は、ドメインが実行されていないことを示します。これは、ドメインが完全にシャットダウンした場合、またはドメインが開始されていない場合に発生する可能性があります。
    • Crashed - crashed 状態は、ドメインがクラッシュしたことを示し、ゲスト仮想マシンがクラッシュ時に再起動しないように設定されている場合にのみ発生する可能性があります。
    • Dying - dying状態のドメインは停止中です。これは、ドメインが完全にシャットダウンまたはクラッシュしていない状態です。
  • --managed-save このオプションだけではドメインをフィルタリングしませんが、管理された保存状態が有効になっているドメインが一覧表示されます。ドメインを実際に個別にリストするには、--inactive オプションも使用する必要があります。
  • --name は指定されていますドメイン名はリストに出力されます。--uuid が指定されている場合、代わりにドメインの UUID が出力されます。オプション --table を使用すると、テーブルスタイルの出力を使用する必要があることを指定します。3 つのコマンドはすべて相互に排他的です
  • --title このコマンドは --table 出力とともに使用する必要があります。--title を指定すると、短いドメインの説明 (title) を含む追加の列がテーブルに作成されます。
  • --persistent には、リストに永続ドメインが含まれます。--transient オプションを使用します。
  • --with-managed-save は、管理された保存で設定されたドメインをリストします。それを指定せずにコマンドを一覧表示するには、コマンド --without-managed-save を使用します
  • --state-running は、実行中のドメインを除外し、--state-paused は一時停止されたドメインを除外し、--state-shutoff はオフになっているドメインを除外し、--state-other はすべての状態をフォールバックとして一覧表示します。
  • --autostart このオプションを使用すると、自動開始ドメインが一覧表示されます。この機能が無効になっているドメインを一覧表示するには、オプション --no-autostart を使用します。
  • --with-snapshot は、スナップショットイメージを一覧表示できるドメインを一覧表示します。スナップショットのないドメインをフィルタリングするには、オプション --without-snapshot を使用します
$ virsh list --title --name

    Id       Name                                          State     Title
    0        Domain-0                                      running   Mailserver1
    2        rhelvm                                        paused
virsh vcpuinfo の出力例は、以下を参照してください。「仮想 CPU 情報の表示」