Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.12.5.2. DHCP スヌーピング

CTRL_IP_LEARNING=dhcp (DHCP スヌーピング) では、追加のスプーフィング対策セキュリティーが提供されます。これは、信頼できる DHCP サーバーのみが IP アドレスを割り当てることができるフィルターと併用できます。これを有効にするには、変数 DHCPSERVER を、有効な DHCP サーバーの IP アドレスに設定し、この変数を使用して着信 DHCP 応答をフィルターリングするフィルターを提供します。
DHCP スヌーピングが有効で、DHCP リースが期限切れになると、ゲスト仮想マシンは、DHCP サーバーから新しい有効なリースを取得するまで IP アドレスを使用できなくなります。ゲスト仮想マシンを移行する場合は、(仮想マシンインターフェイスをダウンして再度起動するなどして) IP アドレスを使用するために、新しい有効な DHCP リースを取得する必要があります。
注記
自動 DHCP 検出は、ゲスト仮想マシンがインフラストラクチャーの DHCP サーバーと交換する DHCP トラフィックをリッスンします。libvirt に対するサービス拒否攻撃を回避するために、これらのパケットの評価の速度が制限されます。つまり、インターフェイスで 1 秒あたりに過剰な数の DHCP パケットを送信するゲスト仮想マシンでは、これらのパケットがすべて評価されないため、フィルターが調整されない可能性があります。通常の DHCP クライアントの動作は、1 秒あたりの DHCP パケット数が少ないことが想定されます。さらに、インフラストラクチャー内のすべてのゲスト仮想マシンに適切なフィルターを設定して、DHCP パケットを送信できないようにすることが重要です。したがって、ゲスト仮想マシンがポート 67 からポート 68 への UDP および TCP のトラフィックを送信しないようにするか、DHCPSERVER 変数をすべてのゲスト仮想マシンで使用して、DHCP サーバーのメッセージが信頼された DHCP サーバーからの送信のみを許可するように制限する必要があります。同時に、サブネット内のすべてのゲスト仮想マシンで スプーフィング対策を有効にする必要があります。

例18.6 DHCP スヌーピングに対する IP のアクティブ化

以下の XML は、DHCP スヌーピング方法を使用した IP アドレス学習のアクティベーションの例を示しています。
    <interface type='bridge'>
      <source bridge='virbr0'/>
      <filterref filter='clean-traffic'>
        <parameter name='CTRL_IP_LEARNING' value='dhcp'/>
      </filterref>
    </interface>