Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.5. ゲスト仮想マシンでのストレージコントローラーの管理

Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降、Red Hat Enterprise Linux6.4 以降を実行しているゲスト仮想マシンに SCSI および virtio-SCSI デバイスを追加することがサポートされています。virtio ディスクとは異なり、SCSI デバイスではゲスト仮想マシンにコントローラーが存在する必要があります。Virtio-SCSI は、SCSI LUN に直接接続する機能を提供し、virtio-blk と比較してスケーラビリティを大幅に向上させます。virtio-SCSI の利点は、28 台のデバイスしか処理できず PCI スロットを使い果たす virtio-blk と比較して、数百台のデバイスを処理できることです。Virtio-SCSI は、次の機能を備えたターゲットデバイスの機能セットを継承できるようになりました。
  • virtio-scsi コントローラーを介して仮想ハードドライブまたは CD を接続します。
  • QEMU scsi-block デバイスを介してホストからゲストに物理 SCSI デバイスをパススルーします。
  • ゲストごとに数百台のデバイスを使用できるようにします。virtio-blk の 28 デバイスの制限からの改善。
本セクションでは、仮想 SCSI コントローラー ("Host Bus Adapter" または HBA とも呼ばれます) を作成し、SCSI ストレージをゲスト仮想マシンに追加するために必要な手順を詳細に説明します。

手順9.10 仮想 SCSI コントローラーの作成

  1. ゲスト仮想マシン (Guest1) の設定を表示し、以前から存在している SCSI コントローラーを検索します。
    # virsh dumpxml Guest1 | grep controller.*scsi
    
    デバイスコントローラーが存在する場合は、このコマンドにより、次のような行が 1 つ以上出力されます。
    <controller type='scsi' model='virtio-scsi' index='0'/>
    
  2. 前の手順でデバイスコントローラーが表示されなかった場合は、以下の手順に従って、新しいファイルにデバイスコントローラーの説明を作成し、仮想マシンに追加します。
    1. 新しいファイルに <controller> 要素を書き込んでデバイスコントローラーを作成し、このファイルに XML 拡張子で保存します。virtio-scsi-controller.xml など。
      <controller type='scsi' model='virtio-scsi'/>
      
    2. virtio-scsi-controller.xml で作成したデバイスコントローラーをゲスト仮想マシン (例: Guest1) に関連付けます。
      # virsh attach-device --config Guest1 ~/virtio-scsi-controller.xml
      
      この例では、--config オプションはディスクと同じように動作します。詳細は、手順13.2「ゲストへの物理ブロックデバイスの追加」 を参照してください。
  3. 新しい SCSI ディスクまたは CD-ROM を追加します。新しいディスクは、「 ゲストへのファイルベースストレージの追加」 セクションおよび 「ゲストへのハードドライブおよびその他のブロックデバイスの追加」 セクションの方法を使用して追加できます。SCSI ディスクを作成する場合は、sd で始まるターゲットデバイス名を指定します。
    # virsh attach-disk Guest1 /var/lib/libvirt/images/FileName.img sdb --cache none
    
    ゲスト仮想マシンのドライバーのバージョンによっては、実行中のゲスト仮想マシンで新しいディスクがすぐに検出されない場合があります。Red Hat Enterprise Linux Storage Administration Guide の手順に従います。