Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.3. ディレクトリーベースのストレージプール

このセクションでは、ゲスト仮想マシンをホスト物理マシン上のディレクトリーに保存する方法について説明します。
ディレクトリーベースのストレージプールは、virt-manager または virsh コマンドラインツールを使用して作成できます。

12.3.1. virt-manager を使用したディレクトリーベースのストレージプールの作成

  1. ローカルディレクトリーを作成します

    1. オプション: ストレージプール用の新しいディレクトリーを作成します

      ストレージプール用のディレクトリーをホスト物理マシンに作成します。この例では、/guest virtual machine_images という名前のディレクトリーを使用しています。
      # mkdir /guest_images
    2. ディレクトリーの所有権を設定する

      ディレクトリーのユーザーとグループの所有権を変更します。ディレクトリーは root ユーザーが所有している必要があります。
      # chown root:root /guest_images
    3. ディレクトリーのアクセス許可を設定する

      ディレクトリーのファイル権限を変更します。
      # chmod 700 /guest_images
    4. 変更を確認します。

      権限が変更されたことを確認します。出力には、正しく設定された空のディレクトリーが表示されます。
      # ls -la /guest_images
      total 8
      drwx------.  2 root root 4096 May 28 13:57 .
      dr-xr-xr-x. 26 root root 4096 May 28 13:57 ..
      
  2. SELinux ファイルコンテキストを設定する

    新しいディレクトリーの正しい SELinux コンテキストを設定します。プールの名前とディレクトリーは一致している必要はないことに注意してください。ただし、ゲスト仮想マシンをシャットダウンすると、libvirt はコンテキストをデフォルト値に戻す必要があります。ディレクトリーのコンテキストによって、このデフォルト値が決まります。ディレクトリー virt_image_t に明示的にラベルを付けることは価値があります。これにより、ゲスト仮想マシンがシャットダウンされると、イメージに virt_image_t というラベルが付けられ、ホスト物理マシンで実行されている他のプロセスから分離されます。
    # semanage fcontext -a -t virt_image_t '/guest_images(/.*)?'
    # restorecon -R /guest_images
    
  3. ストレージプールの設定を開きます

    1. virt-manager のグラフィカルインターフェイスで、メインウィンドウからホストの物理マシンを選択します。
      Edit メニューを開き、Connection Details を選択します。

      図12.7 接続詳細ウィンドウ

      接続詳細ウィンドウ
    2. Connection Details ウィンドウの Storage タブをクリックします。

      図12.8 ストレージタブ

      ストレージタブ
  4. 新しいストレージプールを作成します

    1. 新しいプールの追加 (パート 1)

      + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。Add a New Storage Pool ウィザードが表示されます。
      ストレージプールの Name を選択します。この例では、guest_images という名前を使用します。Typedir: Filesystem Directory に変更します。

      図12.9 ストレージプールに名前を付ける

      ストレージプールに名前を付ける
      Forward ボタンを押して続行します。
    2. 新しいプールの追加 (パート 2)

      Target Path フィールドを変更します。たとえば、/guest_images
      詳細を確認し、Finish ボタンを押してストレージプールを作成します。
  5. 新しいストレージプールを確認します

    新しいストレージプールは、数秒後に左側のストレージリストに表示されます。サイズが期待どおりに報告されていることを確認します。この例では 36.41 GB の空き 容量です。State フィールドが新しいストレージプールを Active としてレポートしていることを確認します。
    ストレージプールを選択します。Autostart フィールドで、On Boot チェックボックスがオンになっていることを確認します。これにより、libvirtd サービスが開始するたびにストレージプールが確実に開始されます。

    図12.10 ストレージプール情報を確認します

    ストレージプール情報を確認します
    これでストレージプールが作成され、Connection Details ウィンドウを閉じます。