Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.4. LVM ベースのストレージプール

この章では、LVM ボリュームグループをストレージプールとして使用する方法について説明します。
LVM ベースのストレージグループでは、LVM の柔軟性を十分に利用することができます。

注記

現在、シンプロビジョニングは LVM ベースのストレージプールでは利用できません。

注記

LVM についての詳細は、『Red Hat Enterprise Linux ストレージ管理ガイド』 を参照してください。

警告

LVM ベースのストレージプールは全面的なディスクパーティションを必要とします。この手順を使用して新しいパーティションおよびデバイスをアクティブ化する場合、パーティションはフォーマットされ、すべてのデータは消去されます。ホストの既存ボリュームグループ (VG) を使用する場合は、いずれのデータも消去されません。以下の手順を開始する前に、ストレージデバイスのバックアップを取っておくことが推奨されます。

13.4.1. virt-manager を使用した LVM ベースのストレージプールの作成

LVM ベースのストレージプールでは既存の LVM ボリュームグループを使用するか、新規の LVM ボリュームグループを空のパーティションに作成して使用することができます。
  1. オプション: LVM ボリューム用に新規のパーティションを作成します

    以下のステップでは、新しいハードディスクドライブ上に新規のパーティション、および LVM ボリュームグループを作成する方法を説明します。

    警告

    以下の手順を実行すると、選択したストレージデバイスからすべてのデータが削除されます。
    1. 新規パーティションを作成します

      fdisk コマンドを使用して、コマンドラインから新しいディスクパーティションを作成します。以下の例では、ストレージデバイス /dev/sdb 上のディスク全体を使用する新しいパーティションを作成しています。
      # fdisk /dev/sdb
      Command (m for help):
      n を入力して、新規のパーティションを作成します。
    2. p を入力してプライマリーパーティションを選択します。
      Command action
         e   extended
         p   primary partition (1-4)
    3. 選択可能なパーティション番号を選択します。この例では、1 が入力され、1 番目のパーティションが選択されています。
      Partition number (1-4): 1
    4. Enter を押して、デフォルトの 1 番目のシリンダーを入力します。
      First cylinder (1-400, default 1):
    5. パーティションのサイズを選択します。この例では、Enter を押すことで、ディスク全域が割り当てられます。
      Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (2-400, default 400):
    6. t を入力してパーティションのタイプを設定します。
      Command (m for help): t
    7. 前のステップで作成したパーティションを選択します。この例では、パーティション番号は 1 です。
      Partition number (1-4): 1
    8. Linux LVM パーティションの 8e を入力します。
      Hex code (type L to list codes): 8e
    9. 変更をディスクに書き込んで終了します。
      Command (m for help): w 
      Command (m for help): q
    10. 新規の LVM ボリュームガイドを作成します

      vgcreate コマンドで新しい LVMボリュームグループを作成します。この例では、guest_images_lvm という名前のボリュームグループを作成しています。
      # vgcreate guest_images_lvm /dev/sdb1
        Physical volume "/dev/vdb1" successfully created
        Volume group "guest_images_lvm" successfully created
    これで新規の LVM ボリュームグループ guest_images_lvm が LVM ベースのストレージプールに使用できるようになりました。
  2. ストレージプールの設定を開きます

    1. virt-manager グラフィカルインターフェースで、メインウィンドウからホストを選択します。
      編集 メニューを開いて、接続の詳細 を選択します。
      接続の詳細

      図13.12 接続の詳細

    2. ストレージ タブをクリックします。
      ストレージタブ

      図13.13 ストレージタブ

  3. 新しいストレージプールを作成します

    1. ウィザードを開始します

      + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。新規ストレージプールの追加 ウィザードが表示されます。
      ストレージプール用に 名前 を選択します。この例では、guest_images_lvm を使用しています。 種類logical: LVM ボリュームグループ に変更します。
      LVM ストレージプールの追加

      図13.14 LVM ストレージプールの追加

      進む ボタンを押して先に進みます。
    2. 新規プールを追加します (パート 2)

      ターゲットパス フィールドを変更します。この例では、/guest_images を使用しています。
      次に、ターゲットパス フィールドと ソースパス フィールドに入力してから、プールを構築 のチェックボックスにチェックマークを付けます。
      • ターゲットパス フィールドを使用して、既存の LVM ボリュームグループか、または新規ボリュームグループの名前の いずれか を選択します。デフォルト形式は、/dev/storage_pool_name になります。
        この例では、/dev/guest_images_lvm という名前の新しいボリュームグループを使用しています。
      • 既存の LVM ボリュームグループが ターゲットパス で使用されている場合は、ソースパス フィールドはオプションになります。
        新規の LVM ボリュームグループの場合には、ストレージデバイスの場所を ソースパス フィールドに入力します。この例では、空のパーティション /dev/sdc を使用しています。
      • プールを構築 のチェックボックスにチェックマークを付けて、virt-manager に新規の LVM ボリュームグループを作成するよう指示します。既存のボリュームグループを使用する場合は、プールを構築 のチェックボックスは選択しないでください。
        この例では、空のパーティションを使用して新規のボリュームグループを作成しているため、プールを構築 のチェックボックスを選択しておく必要があります。
      ターゲットとソースの追加

      図13.15 ターゲットとソースの追加

      詳細を確認して 完了 ボタンを押すと、LVM ボリュームグループがフォーマットされ、ストレージプールが作成されます。
    3. フォーマットするデバイスを確認します

      警告メッセージが表示されます。
      警告メッセージ

      図13.16 警告メッセージ

      はい ボタンを押すと、ストレージデバイス上のすべてのデータが消去され、ストレージプールが作成されます。
  4. 新規のストレージプールを確認します

    数秒後に新しいストレージプールが左側の一覧に表示されます。詳細が予想通りであることを確認します。この例では、465.76 GB Free です。また、状態フィールドで新規ストレージプールが Active と報告されていることを確認します。
    通常は、自動起動 のチェックボックスにチェックマークを付けて有効にし、libvirtd でストレージプールが自動的に起動されるようにしておくと便利です。
    LVM ストレージプールの詳細確認

    図13.17 LVM ストレージプールの詳細確認

    これで作業は完了です。ホストの詳細ダイアログを閉じます。