Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.4. LVM ベースのストレージプール

本章では、LVM ボリュームグループをストレージプールとして使用する方法について説明します。
LVM ベースのストレージグループは、LVM の完全な柔軟性を提供します。
注記
現在、LVM ベースのストレージプールではシンプロビジョニングはできません。
注記
LVM の詳細は、Red Hat Enterprise Linux ストレージ管理ガイド を参照してください。
警告
LVM ベースのストレージプールには、完全なディスクパーティションが必要です。この手順で新しいパーティション/デバイスをアクティベートすると、パーティションはフォーマットされ、すべてのデータが削除されます。ホストの既存のボリュームグループ (VG) を使用すると、何も消去されません。以下の手順を開始する前に、ストレージデバイスのバックアップを作成することが推奨されます。

12.4.1. LVM ベースのストレージプールの作成 virt-manager を使用します。

LVM ベースのストレージプールは、既存の LVM ボリュームグループを使用することも、空のパーティションに新しい LVM ボリュームグループを作成することもできます。
  1. オプション:LVM ボリューム用の新しいパーティションを作成します

    これらの手順では、新しいハードディスクドライブに新しいパーティションと LVM ボリュームグループを作成する方法について説明します。
    警告
    この手順により、選択したストレージデバイスからすべてのデータが削除されます。
    1. 新しいパーティションの作成

      fdisk コマンドを使用して、コマンドラインから新しいディスクパーティションを作成します。次の例では、ストレージデバイス /dev/sdb にディスク全体を使用する新しいパーティションを作成しています。
      # fdisk /dev/sdb
      Command (m for help):
      
      nを押して、新しいパーティションを作成します。
    2. pを押して、プライマリーパーティションにします。
      Command action
         e   extended
         p   primary partition (1-4)
      
    3. 使用可能なパーティション番号を選択します。この例では、最初のパーティションは次のように入力して選択されます 1
      Partition number (1-4): 1
    4. Enterを押して、デフォルトの最初のシリンダーを入力します。
      First cylinder (1-400, default 1):
      
    5. パーティションのサイズを選択します。この例では、Enter を押してディスク全体を割り当てています。
      Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (2-400, default 400):
      
    6. t を押して、パーティションの種類を設定します。
      Command (m for help): t
    7. 前の手順で作成したパーティションを選択します。この例では、パーティション番号は 1
      Partition number (1-4): 1
    8. Linux LVM パーティションの場合、8e を入力します。
      Hex code (type L to list codes): 8e
    9. 変更をディスクに書き込んで終了します。
      Command (m for help): w
      Command (m for help): q
    10. 新しい LVM ボリュームグループを作成する

      vgcreate コマンドを使用して新しい LVM ボリュームグループを作成します。この例では、guest_images_lvm という名前のボリュームグループを作成します。
      # vgcreate guest_images_lvm /dev/sdb1
        Physical volume "/dev/vdb1" successfully created
        Volume group "guest_images_lvm" successfully created
      
    新しい LVM ボリュームグループ guest_images_lvm を、LVM ベースのストレージプールに使用できるようになりました。
  2. ストレージプールの設定を開きます

    1. virt-manager のグラフィカルインターフェイスで、メインウィンドウからホストを選択します。
      Edit メニューを開き、Connection Details を選択します。

      図12.12 接続の詳細

      接続の詳細
    2. Storage タブをクリックします。

      図12.13 ストレージタブ

      ストレージタブ
  3. 新しいストレージプールを作成します

    1. ウィザードを開始します

      + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。Add a New Storage Pool ウィザードが表示されます。
      ストレージプールの Name を選択します。この例では、guest_images_lvm を使用します。次に、Typelogical: LVM Volume Group に変更します。また、

      図12.14 LVM ストレージプールを追加する

      LVM ストレージプールを追加する
      Forward ボタンを押して続行します。
    2. 新しいプールの追加 (パート 2)

      Target Path フィールドを変更します。この例では /guest_images を使用しています。
      次に、Target Path フィールドと Source Path フィールドに入力し、Build Pool チェックボックスをオンにします。
      • Target Path フィールドを使用して、既存の LVM ボリュームグループを選択する 、新しいボリュームグループの名前として使用します。デフォルトの形式は /dev/storage_pool_name
        この例では、/dev/guest_images_lvm という名前の新しいボリュームグループを使用しています。
      • 既存の LVM ボリュームグループが Target Path で使用されている場合、Source Path フィールドはオプションです。
        新しい LVM ボリュームグループの場合は、Source Path フィールドにストレージデバイスの場所を入力します。この例では、空白のパーティション /dev/sdc を使用しています。
      • Build Pool チェックボックスは、virt-manager に新しい LVM ボリュームグループを作成するように指示します。既存のボリュームグループを使用している場合は、Build Pool チェックボックスを選択しないでください。
        この例では、空白のパーティションを使用して新しいボリュームグループを作成しているため、Build Pool チェックボックスをオンにする必要があります。

      図12.15 ターゲットとソースを追加する

      ターゲットとソースを追加する
      詳細を確認し、Finish ボタンを押して LVM ボリュームグループをフォーマットし、ストレージプールを作成します。
    3. フォーマットするデバイスを確認します

      警告メッセージが表示されます。

      図12.16 警告メッセージ

      警告メッセージ
      Yes ボタンを押して、ストレージデバイス上のすべてのデータを消去し、ストレージプールを作成します。
  4. 新しいストレージプールを確認します

    新しいストレージプールは、数秒後に左側のリストに表示されます。詳細が期待どおりであることを確認します。この例では、465.76 GB が空きです。また、State フィールドが新しいストレージプールをActive としてレポートしていることを確認します。
    ストレージプールが libvirtd で自動的に開始されるようにするには、通常、Autostart チェックボックスを有効にすることをお勧めします。

    図12.17 LVM ストレージプールの詳細を確認する

    LVM ストレージプールの詳細を確認する
    タスクが完了したら、ホストの詳細ダイアログを閉じます。