Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.3.2. ゲストへのハードドライブおよびその他のブロックデバイスの追加

システム管理者は、追加のハードドライブを使用して、ゲストのストレージスペースを増やすか、システムデータをユーザーデータから分離するかを選択できます。

手順13.2 ゲストへの物理ブロックデバイスの追加

  1. この手順では、ホスト物理マシン上のハードドライブをゲストに追加する方法について説明します。これは、CD-ROM、DVD、フロッピーデバイスを含むすべての物理ブロックデバイスに適用されます。
    ハードディスクデバイスをホストの物理マシンに物理的に接続します。ドライブにデフォルトでアクセスできない場合は、ホスト物理マシンを設定します。
  2. 以下のいずれかを行います。
    1. 新しいファイルに disk 要素を書き込んで、追加のストレージを作成します。この例では、このファイルは NewStorage.xml と呼ばれます。次の例は、ホスト物理マシンパーティション /dev/sr0 用の追加のデバイスベースのストレージコンテナーを含む設定ファイルセクションです。
      <disk type='block' device='disk'>
            <driver name='qemu' type='raw' cache='none'/>
            <source dev='/dev/sr0'/>
            <target dev='vdc' bus='virtio'/>
      </disk>
      
    2. 前のセクションの手順に従って、デバイスをゲスト仮想マシンに接続します。または、virsh attach-disk示されているように、コマンド:
      # virsh attach-disk Guest1 /dev/sr0 vdc
      
      次のオプションが使用可能であることに注意してください。
      • virsh attach-disk コマンドは、図のように --config--type、および --mode オプションも受け付けます。
        virsh attach-disk Guest1 /dev/sr0 vdc --config --type cdrom --mode readonly
      • さらに、 --type、デバイスがハードディスクの場合は、--type disk も受け付けます。
  3. ゲスト仮想マシンには、Linux では /dev/vdc (またはゲスト仮想マシン OS が選択するものに応じて同様のもの) または Windows では D: drive (たとえば) と呼ばれる新しいハードディスクデバイスがあります。これで、ゲスト仮想マシンのオペレーティングシステムの標準手順に従って、ゲスト仮想マシンからディスクを初期化できます。例は、手順13.1「ファイルベースのストレージの追加」 を参照してください。
    警告
    ゲストにブロックデバイスを追加するときは、セキュリティー上の考慮事項に必ず従ってください。この情報については、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化セキュリティーガイド』 を参照してください。https://access.redhat.com/site/documentation/
    重要
    ゲスト仮想マシンには、ディスク全域、またはブロックデバイス全域 (例: /dev/sdb) への書き込みアクセス権を付与しないでください。ブロックデバイス全域にアクセスを持つゲスト仮想マシンは、ボリュームラベルを修正できる場合があり、これがホスト物理マシンシステムの攻撃に使用される可能性があります。パーティション (例: /dev/sdb1) または LVM ボリュームを使用して、この問題を回避してください。