Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.16.9.15. VLAN タグの設定(サポートされているネットワークタイプのみ)

VLAN タグ設定を指定するには、管理ツールを使用して、ドメイン XML に以下の変更を行います。

図20.52 VLAN タグの設定(サポートされているネットワークタイプのみ)


  ...
  <devices>
    <interface type='bridge'>
      <vlan>
        <tag id='42'/>
      </vlan>
      <source bridge='ovsbr0'/>
      <virtualport type='openvswitch'>
        <parameters interfaceid='09b11c53-8b5c-4eeb-8f00-d84eaa0aaa4f'/>
      </virtualport>
    </interface>
  <devices>
  ...
ゲスト仮想マシンが使用するネットワーク接続がゲスト仮想マシンに対して透過的な vlan タグ付けをサポートしている場合 (およびその場合のみ)、オプションの vlan 要素でゲスト仮想マシンのネットワークトラフィックに適用する 1 つ以上の vlan タグを指定できます (openvswitch および type='hostdev' SR-IOV インターフェイスは、ゲスト仮想マシントラフィックの透過的な VLAN タグ付けをサポートします。標準の Linux ブリッジや libvirt 独自の仮想ネットワークを含む他のすべては、これをサポートしません。802.1 Qbh (vn-link) スイッチおよび 802.1Qbg (VEPA) スイッチは、(libvirt の外部で) ゲスト仮想マシンのトラフィックを特定の vlan にタグ付けする独自の方法を提供します。 複数のタグを指定できるようにするには (vlan トランクの場合)、tag サブ要素で使用する vlan タグを指定します (tag id='42'/ など)。インターフェースに複数の vlan 要素が定義されている場合は、指定されたすべてのタグを使用して VLAN トランクを実行することが想定されます。単一のタグを使用した vlan トランキングが必要な場合は、オプションの属性 trunk='yes' をトップレベルの vlan 要素に追加できます。