Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.11.2. ストレージプールの作成、定義、および起動

このセクションでは、ストレージプールの作成、定義、および開始に関する情報を提供します。

14.11.2.1. ストレージプールの構築

pool-build pool-or-uuid --overwrite --no-overwrite コマンドは、指定された プール名または UUIDでプールを構築します。オプション --overwrite および --no-overwriteは、タイプがファイルシステムであるプールにのみ使用できます。どちらのオプションも指定されておらず、プールがファイルシステムタイプのプールである場合、結果のビルドはディレクトリーのみを作成します。
--no-overwrite を指定すると、プローブにより、ファイルシステムがターゲットデバイスにすでに存在するかどうかを判断したり、存在する場合はエラーを返すか、存在しない場合は mkfs を使用してターゲットデバイスをフォーマットします。--overwrite を指定した場合は、mkfs コマンドが実行され、ターゲットデバイスに存在するデータがすべて上書きされます。