Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.7.7. ノードメモリーパラメーターの設定および表示

node-memory-tune [shm-pages-to-scan] [shm-sleep-milisecs] [shm-merge-across-nodes] コマンドが表示され、ノードメモリーパラメーターを設定できるようになります。このコマンドで設定できるパラメーターは 3 つあります。
  • shm-pages-to-scan - 共有メモリーサービスがスリープ状態になる前にスキャンするページ数を設定します。
  • shm-sleep-milisecs - 次のスキャンの前に共有メモリーサービスがスリープするミリ秒数を設定します
  • shm-merge-across-nodes - 別の NUMA ノードのページをマージできるかどうかを指定します。許可される値は 01です。0 に設定すると、マージ可能なページのみが、同じ NUMA ノードのメモリー領域に存在するページのみです。1 に設定すると、全 NUMA ノードのページをマージすることができます。デフォルト設定は次のとおりです1