Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.16.5. デバイスリース

ロックマネージャーを使用する場合は、ゲスト仮想マシンに対してデバイスリースを記録するオプションがあります。ロックマネージャーは、リースを取得できない限り、ゲスト仮想マシンを起動しないようにします。従来の管理ツールを使用して設定すると、ドメイン xml の以下のセクションが影響を受けます。

図20.27 デバイス - デバイスリース


  ...
  <devices>
    ...
    <lease>
      <lockspace>somearea</lockspace>
      <key>somekey</key>
      <target path='/some/lease/path' offset='1024'/>
    </lease>
    ...
  </devices>
  ...
lease セクションには、以下の引数を指定できます。
  • lockspace - 鍵が保持されているロック領域を識別する任意の文字列です。ロックマネージャーは、ロックスペース名の形式や長さに追加の制限を課す場合があります。
  • key - 取得するリースを一意に識別する任意の文字列。ロックマネージャーは、キーの形式や長さに追加の制限を課す場合があります。
  • target - ロックスペースに関連付けられたファイルの完全修飾パス。オフセットは、リースがファイル内に保存される場所を指定します。ロックマネージャーがオフセットを必要としない場合は、この値を 0 に設定します。