Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.9. 仮想ネットワークの作成

システムに仮想ネットワークを作成するには:
  1. Connection Details メニューから Virtual Networks タブを開きます。プラス記号 (+) のアイコンで識別される Add Network ボタンをクリックします。詳細は、「仮想ネットワークの管理」 を参照してください。

    図18.12 仮想ネットワークの設定

    仮想ネットワークの設定
    これにより、Create a new virtual network ウィンドウが開きます。進む をクリックして続けます。

    図18.13 新しい仮想ネットワークの作成

    新しい仮想ネットワークの作成
  2. 仮想ネットワークに適切な名前を入力し、Forward をクリックします。

    図18.14 仮想ネットワークに名前を付ける

    仮想ネットワークに名前を付ける
  3. 仮想ネットワークの IPv4 アドレス空間を入力し、Forward をクリックします。

    図18.15 IPv4 アドレス空間の選択

    IPv4 アドレス空間の選択
  4. IP アドレスの Start 範囲および End 範囲を指定して、仮想ネットワークに DHCP 範囲を定義します。進む をクリックして続けます。

    図18.16 DHCP 範囲の選択

    DHCP 範囲の選択
  5. 仮想ネットワークを物理ネットワークに接続する方法を選択します。

    図18.17 物理ネットワークへの接続

    物理ネットワークへの接続
    Forwarding to physical networkを選択した場合は、DestinationAny physical device にするか、特定の物理デバイスにするかを選択します。また、ModeNAT にするか、Routed にするかを選択します。
    進む をクリックして続けます。
  6. これで、ネットワークを作成する準備が整いました。ネットワークの設定を確認し、Finish をクリックします。

    図18.18 ネットワークを作成する準備ができました

    ネットワークを作成する準備ができました
  7. 新しい仮想ネットワークが、 Connection Details ウィンドウの Virtual Networks タブで利用できるようになります。