Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.2. QEMU ゲストエージェント

QEMU ゲストエージェントはゲスト内で実行され、ホストマシンが libvirt を使用してゲストオペレーティングシステムにコマンドを発行できるようにします。ゲストオペレーティングシステムは、これらのコマンドに非同期に応答します。本章では、ゲストエージェントが使用できる libvirt コマンドとオプションを説明します。
重要
信頼できるゲストによって実行される場合にのみ、ゲストエージェントに依存することが安全であることに注意してください。信頼できないゲストは、ゲストエージェントプロトコルを悪意を持って無視または悪用する可能性があります。ホストに対するサービス拒否攻撃を防ぐための保護機能が組み込まれていますが、ホストは、操作を期待どおりに実行するためにゲストの協力を必要とします。
QEMUゲストエージェントを使用して、ゲストの実行中に仮想CPU(vCPU)を有効または無効にできるため、ホットプラグおよびホットアンプラグ機能を使用せずにvCPUの数を調整できることに注意してください。詳細は、「仮想 CPU 数の設定」 を参照してください。

10.2.1. ゲストエージェントをインストールして有効にする

ゲスト仮想マシンに yum install qemu-guest-agent コマンドでqemu-guest-agentをインストールし、サービス (qemu-guest-agent.service) として起動毎に自動実行されるようにします。