Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.17. サウンドデバイス

仮想サウンドカードは、sound 要素により、ホスト物理マシンに割り当てることができます。

  ...
  <devices>
    <sound model='es1370'/>
  </devices>
  ...

図21.64 仮想サウンドカード

sound 要素には、必須属性の model があります。これは、エミュレートする実際のサウンドデバイスを指定します。有効な値は、典型的なオプションとして 'es1370''sb16''ac97'、および 'ich6' がありますが、基礎となるハイパーバイザーに特有のものとなります。さらに、ich6 モデルを持つ sound 要素は、オーディオデバイスに各種の音声コーデックを割り当てるためのオプションのサブ要素 codec を持たせることができます。指定されない場合、デフォルトのコーデックが、再生や録音を可能にするために割り当てられます。有効な値は、'duplex' (line-in および line-out を提供) および 'micro' (speaker および microphone を提供) です。

  ...
  <devices>
    <sound model='ich6'>
      <codec type='micro'/>
    <sound/>
  </devices>
  ...

図21.65 サウンドデバイス

それぞれの sound 要素にはオプションのサブ要素 <address> があり、これは、上記のようにデバイスを特定の PCI スロットに関連付けることができます。