Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.17. サウンドデバイス

仮想サウンドカードは、sound 要素を使用してホスト物理マシンに接続できます。

図20.64 仮想サウンドカード


  ...
  <devices>
    <sound model='es1370'/>
  </devices>
  ...
sound 要素には、必須の属性 model が 1 つあります。これは、実際のサウンドデバイスをエミュレートするものを指定します。有効な値は、基本となるハイパーバイザーに固有のものですが、一般的な選択肢は 'es1370''sb16''ac97'、および 'ich6' です。また、ich6 モデルセットを持つ sound 要素には、さまざまなオーディオコーデックをオーディオデバイスに割り当てるためのオプションの codec サブ要素を追加できます。指定しない場合は、再生および録画を許可するために、デフォルトのコーデックが割り当てられます。有効な値は 'duplex' (ラインインおよびラインアウトをアドバタイズ) および 'micro' (スピーカーおよびマイクをアドバタイズ) です。

図20.65 サウンドデバイス


  ...
  <devices>
    <sound model='ich6'>
      <codec type='micro'/>
    <sound/>
  </devices>
  ...
各サウンド要素には、オプションのサブ要素<address>があります。このサブ要素は、デバイスを特定の PCI スロットに接続できます (上記を参照)。