Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.12.8. 他のフィルターへの参照

いずれのフィルターにも他のフィルターへの参照を持たせることができます。フィルターツリー内では各フィルターを複数回参照させることもできますが、フィルター間の参照がループとならないようにする必要があります。

例19.7 clean traffic フィルターの例

いくつか他のフィルターを参照している clean-traffic ネットワークフィルターの XML を以下に示します。
<filter name='clean-traffic'>
  <uuid>6ef53069-ba34-94a0-d33d-17751b9b8cb1</uuid>
  <filterref filter='no-mac-spoofing'/>
  <filterref filter='no-ip-spoofing'/>
  <filterref filter='allow-incoming-ipv4'/>
  <filterref filter='no-arp-spoofing'/>
  <filterref filter='no-other-l2-traffic'/>
  <filterref filter='qemu-announce-self'/>
</filter>
別のフィルターを参照させる場合は、XML ノードの filterref をフィルターノードの内側に与える必要があります。このノードには参照先のフィルター名をその値として持つ属性フィルターを持たせる必要があります。
新しいネットワークフィルターはいつの時点で定義しても構いません。また、libvirt がまだ認識できないネットワークフィルターへの参照を含ませることもできます。ただし、仮想マシンの起動後、 またはフィルターを参照するネットワークインターフェースのホットプラグイン後には、フィルターツリー内の全ネットワークフィルターが利用できる状態でなければなりません。利用できないフィルターがある場合には仮想マシンが起動しなくなるか、ネットワークインターフェースの接続が行なえません。