Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.11.3. ストレージプールの停止および削除

pool-destroy pool-or-uuid は、ストレージプールを停止します。停止すると、libvirt はプールを管理しなくなりますが、プールに含まれる生データは変更されず、後で pool-create コマンドを使用して復元できます。
pool-delete pool-or-uuid は、指定されたストレージプールによって使用されているリソースを破棄します。この操作は復元できず、元に戻せないことに注意してください。ただし、プール構造はこのコマンドの後に依然として存在し、新しいストレージボリュームの作成を受け入れる準備ができています。
pool-undefine pool-or-uuid コマンドは、非アクティブなプールの設定を定義解除します。