Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.5. リモート接続の追加

この手順では、virt-manager を使用してリモートシステムへの接続を設定する方法を説明します。
  1. 新規接続を作成するには、File メニューを開き、Add Connection... メニューアイテムを選択します。
  2. Add Connection ウィザードが表示されます。ハイパーバイザーを選択します。Red Hat Enterprise Linux 6 の場合は、システムで QEMU/KVM を選択します。ローカルシステムの Local、またはリモート接続オプションのいずれかを選択し、Connect をクリックします。この例では、SSH 経由でリモートトンネルを使用します。これは、デフォルトのインストールで機能します。リモート接続の設定の詳細は、5章ゲストのリモート管理 を参照してください。

    図15.8 接続の追加

    接続の追加
  3. プロンプトが表示されたら、選択したホストの root パスワードを入力します。
これで、リモートホストコンピューターが接続され、メインvirt-manager ウィンドウに表示されるようになります。

図15.9 メインの virt-manager ウィンドウのリモートホスト

メインの virt-manager ウィンドウのリモートホスト