Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.12.10.4. ARP/RARP

プロトコル ID: arp または rarp
このタイプのルールは、root チェーンまたは arp/rarp チェーンのいずれかに置く必要があります。

表18.6 ARP プロトコルタイプおよび RARP プロトコルタイプ

属性名データタイプ定義
srcmacaddrMAC_ADDR送信側の MAC アドレス
srcmacmaskMAC_MASK送信元の MAC アドレスに適用されるマスク
dstmacaddrMAC_ADDR宛先の MAC アドレス
dstmacmaskMAC_MASK宛先の MAC アドレスに適用されるマスク
hwtypeUINT16ハードウェアの種類
protocoltypeUINT16プロトコルタイプ
opcodeUINT16, STRINGOpcode の有効な文字列は、Request、Reply、Request_Reverse、Reply_Reverse、DRARP_Request、DRARP_Reply、DRARP_Error、InARP_Request、ARP_NAK です。
arpsrcmacaddrMAC_ADDRARP/RARP パケットのソース MAC アドレス
arpdstmacaddrMAC _ADDRARP/RARP パケットの宛先 MAC アドレス
arpsrcipaddrIP_ADDRARP/RARP パケットのソース IP アドレス
arpdstipaddrIP_ADDRARP/RARP パケットの宛先 IP アドレス
gratuitousBOOLEANGratuitous ARP パケットを確認するかどうかを示すブール値
commentSTRING 最大 256 文字のテキスト文字列