Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.10.4. 頻度、モード、および表示

frequency 属性は固定頻度を設定するために使用されます。Hz で測定されます。この属性は、name 要素に tsc の値がある場合にのみ関連します。他のすべてのタイマーは固定周波数 (pitrtc) で動作します。
mode は、タイムソースがゲスト仮想マシンに公開される方法を決定します。この属性は、tsc の name 値にのみ関係します。その他のタイマーは常にエミュレートされます。コマンドは以下のようになります。<timer name='tsc' frequency='NNN' mode='auto|native|emulate|smpsafe'/>モードの定義は表に記載されます。

表8.5 モード属性値

説明
autoTSC が不安定である場合はネイティブで、ネイティブの TSC アクセスを許可します。
native常にネイティブ TSC アクセスを許可します。
エミュレート常に TSC をエミュレートします。
smpsafe常に TSC およびインロック SMP をエミュレートします。
present は、ゲスト仮想マシンに表示されるデフォルトのタイマーセットを上書きするために使用されます。

表8.6 present 属性値

説明
はいこのタイマーがゲスト仮想マシンに表示されるよう強制します。
いいえこのタイマーをゲスト仮想マシンに表示しないように強制します。