Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

第16章 仮想マシンマネージャー (virt-manager) を使ってゲストを管理する

このセクションでは、仮想マシンマネージャー (virt-manager) のウィンドウ、ダイアログボックス、GUI コントロールなどについて説明していきます。
virt-manager は、ホストシステムおよびリモートのホストシステム上のハイパーバイザー群やゲスト群をグラフィカルに表示させることができます。virt-manager では次のような仮想化管理に関する作業を行うことができます。
  • ゲストの定義と作成
  • メモリーの割り当て
  • 仮想 CPU の割り当て
  • 動作性能の監視
  • ゲストの保存、復元、一時停止と開始、シャットダウンと起動
  • テキストコンソールとグラフィカルコンソールへのリンク
  • ライブマイグレーションとオフラインマイグレーション

16.1. virt-manager を起動する

virt-manager セッションを開始するには、 アプリケーション メニューを開き システムツール メニュー、 仮想マシンマネージャー (virt-manager) の順で選択します。
virt-manager のメインウィンドウが開きます。
virt-manager を起動する

図16.1 virt-manager を起動する

または、以下のコマンドで示すように ssh を使ってリモートで virt-manager を起動することもできます。
ssh -X host's address
[remotehost]# virt-manager
ssh を使った仮想マシンとホストの管理については、「SSH によるリモート管理」で詳しく説明しています。