Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.13.6. 仮想 CPU 数の設定

ゲスト仮想マシンに割り当てられている CPU の数を変更するには、virsh setvcpus コマンドを使用します。
# virsh setvcpus {domain-name, domain-id or domain-uuid} count [[--config] [--live] | [--current] [--guest] 
virsh setvcpus コマンドには、次のパラメーターを設定できます。
  • {domain-name, domain-id or domain-uuid} - 仮想マシンを指定します。
  • count - 設定する仮想 CPU の数を指定します。
    注記
    count 値は、作成時にゲスト仮想マシンに割り当てられた CPU の数を超えることはできません。また、ホストまたはハイパーバイザーによって制限される場合もあります。Xen の場合、ドメインが準仮想化されている場合にのみ、実行中のドメインの仮想 CPU を調整できます。
  • --live - デフォルトのオプション。何も指定されていない場合に使用されます。設定の変更は、実行中のゲスト仮想マシンで有効になります。これは、vCPU の数が増加した場合は ホットプラグ と呼ばれ、減少した場合は ホットアンプラグ と呼ばれます。
    重要
    vCPU ホットアンプラグ機能はテクノロジープレビューです。したがって、これはサポートされておらず、高い値のデプロイメントでの使用は推奨されません。
  • --config - 設定の変更は、ゲストの次回の再起動時に有効になります。ハイパーバイザーで対応している場合は、--config オプションと --live オプションの両方を指定できます。
  • --current - 設定の変更は、ゲスト仮想マシンの現在の状態に影響します。実行中のゲストで使用する場合、次のように機能します --live、シャットダウンされたゲストで使用される場合、次のように機能します --config
  • --maximum - ゲストの次回の再起動時にホットプラグできる最大 vCPU 制限を設定します。そのため、--config オプションでのみ使用する必要があり、--live では使用しないでください。
  • --guest - ホットプラグまたはホットアンプラグの代わりに、QEMU ゲストエージェントは、vCPU を有効または無効にすることにより、実行中のゲストの vCPU カウントを直接変更します。このオプションは、gueet の現在の仮想 CPU 数よりも多くの count の値とすることはできません。また、ゲストの再起動時に --guest でセットされる設定がリセットされます。

例14.4 vCPU のホットプラグとホットアンプラグ

vCPU をホットプラグするには、単一の vCPU を使用するゲストで次のコマンドを実行します。
virsh setvcpus guestVM1 2 --live
これにより、guestVM1 の vCPU の数が 2 つに増えます。この変更は、--live オプションにあるように、guestVM1 の実行中に実行されます。
同じ実行中のゲストから 1 つの vCPU をホットプラグ解除するには、次のコマンドを実行します。
virsh setvcpus guestVM1 1 --live
ただし、現在、vCPU ホットアンプラグを使用すると、vCPU カウントをさらに変更すると問題が発生する可能性があることに注意してください。