Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.5.15. blockcommit を使用してバッキングチェーンを短縮する

このセクションでは、virsh blockcommit を使用してバッキングチェーンを短縮する方法を示します。バッキングチェーンの背景については、「ライブブロックコピーを使用したディスクイメージ管理」を参照してください。
blockcommit は、チェーンの一部からバッキングファイルにデータをコピーし、コミットされた部分をバイパスするためにチェーンの残りの部分をピボットできるようにします。たとえば、これが現在の状態であるとします。
      base ← snap1 ← snap2 ← active.
blockcommit を使用すると、snap2 のコンテンツが snap1 に移動します。これにより、チェーンから snap2 を削除できるため、バックアップが非常に速くなります。

手順14.2 virsh blockcommit

  • 以下のコマンドを実行します。
    # virsh blockcommit $dom $disk -base snap1 -top snap2 -wait -verbose
    snap2 の内容が snap1 に移動し、以下のような結果になります。
    base ← snap1 ← active.Snap2 が無効になり、削除できるようになりました。
    警告
    blockcommit-baseオプションに依存するすべてのファイルを破壊します (-topオプションに依存するファイル以外は、それらのファイルがベースを指すようになったため)。これを回避するには、複数のゲストが共有するファイルに変更をコミットしないでください。-verboseオプションにより、進捗状況を画面上に出力することができます。