Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.12.11.4. 既存のネットワークフィルター

以下は、libvirt で自動的にインストールされるネットワークフィルターの例です。

表18.15 ICMPv6 プロトコルタイプ

コマンド名説明
no-arp-spoofingゲスト仮想マシンが ARP トラフィックをスプーフィングするのを防ぎます。このフィルターは、ARP 要求および応答メッセージのみを許可し、それらのパケットにゲスト仮想マシンの MAC アドレスと IP アドレスが含まれるようにします。
allow-dhcpゲスト仮想マシンが DHCP 経由で (任意の DHCP サーバーから) IP アドレスを要求できるようにします。
allow-dhcp-serverゲスト仮想マシンが、指定した DHCP サーバーから IP アドレスを要求できるようにします。DHCP サーバーの、ドットで区切られた 10 進数の IP アドレスは、このフィルターを参照する必要があります。変数の名前は DHCPSERVER でなければなりません。
no-ip-spoofingゲスト仮想マシンが、パケット内の送信元 IP アドレスとは異なる IP パケットを送信しないようにします。
no-ip-multicastゲスト仮想マシンが IP マルチキャストパケットを送信しないようにします。
clean-trafficMAC、IP、および ARP のスプーフィングを防ぎます。このフィルターは、他のいくつかのフィルターをビルディングブロックとして参照します。
これらのフィルターはビルディングブロックにすぎず、便利なネットワークトラフィックフィルターを提供するために、他のフィルターとの組み合わせが必要です。上記で最も使用されているのが clean-traffic フィルターです。たとえば、このフィルター自体を no-ip-multicast フィルターと組み合わせて、仮想マシンが IP マルチキャストトラフィックを送信しないようにし、パケットスプーフィングを防ぐことができます。