Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.13. トンネルの作成

このセクションでは、複数の異なるトンネルを使用したシナリオを実施する方法について説明します。

19.13.1. マルチキャストトンネルの作成

マルチキャストグループは、仮想ネットワークを表すためにセットアップされます。ネットワークデバイスが同じマルチキャストグループにあるゲスト仮想マシンは、異なるホスト物理マシン間であっても相互に通信することができます。このモードは、権限のないユーザーも使用できます。デフォルトの DNS または DHCP サポートはなく、発信ネットワークアクセスもありません。発信ネットワークアクセスを提供するには、ゲスト仮想マシンの 1 つに、適切なルートを提供する、最初の 4 つのネットワークタイプのいずれかに接続されている 2 つ目の NIC が必要になります。マルチキャストプロトコルは、ゲスト仮想マシンのユーザーモードと互換性があります。指定するソースアドレスは、マルチキャストアドレスブロックに使用されるアドレスからのものである必要があります。
マルチキャストトンネルを作成するには、以下の XML 詳細を <devices> 要素に指定します。
      
  ...
  <devices>
    <interface type='mcast'>
      <mac address='52:54:00:6d:90:01'>
      <source address='230.0.0.1' port='5558'/>
    </interface>
  </devices>
  ...

図19.25 マルチキャストトンネルの XML サンプル