Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.2. パーティションベースのストレージプール

このセクションでは、事前にフォーマットされたブロックデバイスであるパーティションをストレージプールとして使用する方法について説明します。
次の例では、ホスト物理マシンに 500GB のハードドライブ (/dev/sdc) が 1 つの 500GB の ext4 フォーマット済みパーティション (/dev/sdc1) にパーティション化されています。以下の手順でストレージプールを設定します。

12.2.1. virt-manager を使用したパーティションベースのストレージプールの作成

この手順では、ストレージデバイスのパーティションを使用して新しいストレージプールを作成します。

手順12.1 virt-manager を使用したパーティションベースのストレージプールの作成

  1. ストレージプールの設定を開きます

    1. virt-manager のグラフィカルインターフェイスで、メインウィンドウからホストの物理マシンを選択します。
      Edit メニューを開き、Connection Details を選択します。

      図12.1 接続の詳細

      接続の詳細
    2. Connection Details ウィンドウの Storage タブをクリックします。

      図12.2 ストレージタブ

      ストレージタブ
  2. 新しいストレージプールを作成します

    1. 新しいプールの追加 (パート 1)

      + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。Add a New Storage Pool ウィザードが表示されます。
      ストレージプールの Name を選択します。この例では、guest_images_fs という名前を使用します。Typefs: Pre-Formatted Block Device に変更します。

      図12.3 ストレージプールの名前とタイプ

      ストレージプールの名前とタイプ
      Forward ボタンを押して続行します。
    2. 新しいプールの追加 (パート 2)

      Target PathFormat、および Source Path フィールドを変更します。

      図12.4 ストレージプールのパスと形式

      ストレージプールのパスと形式
      ターゲットパス
      Target Path フィールドに、ストレージプールのソースデバイスをマウントする場所を入力します。場所がまだ存在しない場合は、virt-manager がディレクトリーを作成します。
      フォーマット
      Format リストからフォーマットを選択します。デバイスは選択したフォーマットでフォーマットされています。
      この例では、デフォルトの Red Hat Enterprise Linux ファイルシステムである ext4 ファイルシステムを使用しています。
      ソースパス
      Source Path フィールドにデバイスを入力します。
      この例では、/dev/sdc1 デバイスを使用しています。
      詳細を確認し、Finish ボタンを押してストレージプールを作成します。
  3. 新しいストレージプールを確認します

    新しいストレージプールは、数秒後に左側のストレージリストに表示されます。サイズが期待どおりに報告されていることを確認します。この例では 458.20 GB が空き です。State フィールドが新しいストレージプールを Active としてレポートしていることを確認します。
    ストレージプールを選択します。Autostart フィールドで、On Boot 時チェックボックスをクリックします。これにより、libvirtd サービスが開始するたびにストレージデバイスが確実に開始されます。

    図12.5 ストレージリストの確認

    ストレージリストの確認
    これでストレージプールが作成され、Connection Details ウィンドウを閉じます。