13.2. パーティションベースのストレージプール

このセクションでは、事前フォーマットされているブロックデバイス、つまりパーティションをストレージプールとして使用する方法を説明しています。
以下の例では、ホスト物理マシンは ext4 でフォーマットされた 500GB のままの単独パーティション (/dev/sdc1) である 500GB のハードドライブ (/dev/sdc) を持っています。以下の手順を使用して、このハードドライブ用のストレージプールをセットアップします。

13.2.1. virt-manager を使用してパーティションベースのストレージプールを作成する

以下の手順では、 ストレージデバイスのパーティションを使用して新規のストレージプールを作成していきます。

手順13.1 virt-manager を使用してパーティションベースのストレージプールを作成する

  1. ストレージプールのセッティングを開く

    1. virt-manager グラフィカルインターフェースで、メインウィンドウからホスト物理マシンを選択します。
      編集 メニューを開いて、 接続の詳細 を選択します。
      接続の詳細

      図13.1 接続の詳細

    2. 接続の詳細 ウィンドウで ストレージ タブをクリックします。
      ストレージタブ

      図13.2 ストレージタブ

  2. 新規ストレージプールを作成する

    1. 新規のプールを追加します (パート1)

      + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。 新規ストレージプールの追加 ウィザードが表示されます。
      ストレージプールの 名前 を選択します。 この例では、 guest_images_fs という名前を使用しています。 種類fs: Pre-Formatted Block Device に変更します。
      ストレージプールの名前と種類

      図13.3 ストレージプールの名前と種類

      進む ボタンをクリックして次に進みます。
    2. 新規のプールを追加します (パート2)

      ターゲットパスフォーマットソースパス の各フィールドを変更します。
      ストレージプールのパスとフォーマット

      図13.4 ストレージプールのパスとフォーマット

      ターゲットパス
      ストレージプール用のソースデバイスのマウント先となる場所を ターゲットパス フィールドに入力します。 その場所がまだ存在しない場合は、 virt-manager によりそのディレクトリーが作成されます。
      フォーマット
      フォーマット 一覧からフォーマットを選択します。 デバイスはこの選択したフォーマットでフォーマット化されます。
      この例では、ext4 ファイルシステムを使用しています。これは Red Hat Enterprise Linux のデフォルトのファイルシステムです。
      ソースパス
      ソースパス フィールドにデバイスを入力します。
      この例では、/dev/sdc1 デバイスを使用しています。
      詳細を確認して、完了 ボタンを押すと、ストレージプールが作成されます。
  3. 新規ストレージプールを確認する

    数秒後に、左側のストレージ一覧に新規ストレージプールが出現します。 期待通りのサイズが報告されていることを確認します。 この例では、458.20 GB Free です。 状態 フィールドで新規ストレージが Active と報告されていることを確認します。
    ストレージプールを選択します。 自動起動 フィールドで、 起動時 のチェックボックスをクリックします。これで libvirtd サービスの起動時には常にストレージデバイスも起動されるようになります。
    ストレージ一覧を確認する

    図13.5 ストレージ一覧を確認する

    これでストレージプールが作成されました。 接続の詳細 ウィンドウを閉じます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。