Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.3. 共有ストレージの例: 単純な移行のための NFS

重要
この例では、NFS を使用して、ゲスト仮想マシンのイメージを別の KVM ホストの物理マシンと共有します。大規模なインストールでは実用的ではありませんが、移行技術のみを実証することが推奨されます。この例を、複数のゲスト仮想マシンの移行または実行に使用しないでください。また、sync パラメーターが有効になっている必要もあります。これは、NFS ストレージを適切にエクスポートするために必要です。さらに、NFS をソースホスト物理マシンにマウントすることを強くお勧めします。ゲスト仮想マシンのイメージは、ソースホスト物理マシンにある NFS マウントディレクトリーに作成する必要があります。また、NFS ファイルロックは KVM でサポートされていないため、使用しないでください。
大規模なデプロイメントでは、iSCSI ストレージの方が適しています。設定の詳細は、「iSCSI ベースのストレージプール」 を参照してください。
また、このセクションに記載されている手順は、Red Hat ストレージ管理ガイド に記載されている詳細な手順に代わるものではないことに注意してください。NFS の設定、IP テーブルのオープン、およびファイアウォールの設定については、このガイドを参照してください。
  1. ディスクイメージ用のディレクトリーを作成します

    この共有ディレクトリーには、ゲスト仮想マシンのディスクイメージが含まれます。これを行うには、/var/lib/libvirt/images とは異なる場所にディレクトリーを作成します。以下に例を示します。
    # mkdir /var/lib/libvirt-img/images
  2. NFS 設定ファイルに新しいディレクトリーパスを追加します。

    NFS 設定ファイルは、/etc/exports にあるテキストファイルです。ファイルを開き、手順 1 で作成した新しいファイルへのパスを追加して編集します。
    # echo "/var/lib/libvirt-img/images" >> /etc/exports/[NFS-Config-FILENAME.txt]
  3. NFS の起動

    1. iptable (2049 など) の NFS のポートが開いていることを確認し、/etc/hosts.allow ファイルに NFS を追加します。
    2. NFS サービスを開始します。
      # service nfs start
  4. ソースと宛先の両方に共有ストレージをマウントします

    次のコマンドを 2 回実行して、ソースシステムと宛先システムの両方に /var/lib/libvirt/images ディレクトリーをマウントします。ソースシステムで 1 回、宛先システムでもう一度。
    # mount source_host:/var/lib/libvirt-img/images /var/lib/libvirt/images
    警告
    この手順で作成するディレクトリーが、「ライブマイグレーションの要件」 で概説されている要件に準拠していることを確認してください。さらに、ディレクトリーに正しい SELinux ラベルを付ける必要がある場合があります。詳細は、Red Hat Enterprise Linux ストレージ管理ガイド の NFS の章を参照してください。