Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.13. 電源管理

ドメイン XML の次のセクションに影響を与える従来の管理ツールを使用して、ゲスト仮想マシン OS への BIOS アドバタイズメントを強制的に有効または無効にすることができます。

図20.19 電源管理


  ...
  <pm>
    <suspend-to-disk enabled='no'/>
    <suspend-to-mem enabled='yes'/>
  </pm>
  ...

<pm> 要素は、引数 yes を使用して有効にすることも、引数 no を使用して無効にすることもできます。BIOS サポートは、引数 suspend-to-disk を使用して S3 に実装でき、引数 suspend-to-mem スリープ状態を使用して S4 に実装できます。何も指定しないと、ハイパーバイザーはデフォルト値のままになります。