Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.2.4. libvirt での QEMU ゲストエージェントの使用

QEMU ゲストエージェントをインストールすると、他のさまざまな libvirt コマンドのパフォーマンスが向上します。ゲストエージェントは、次のvirsh コマンドを拡張します。
  • virsh shutdown --mode=agent - このシャットダウン方法は、virsh shutdown --mode=acpi よりも信頼性が高くなります。QEMU ゲストエージェントで使用する virsh shutdown は、クリーンな状態で協調ゲストをシャットダウンすることが保証されます。エージェントが存在しない場合、libvirt は代わりに ACPI シャットダウンイベントの挿入に依存する必要がありますが、一部のゲストはそのイベントを無視するため、シャットダウンしません。
    virsh reboot と同じ構文で使用できます。
  • virsh snapshot-create --quiesce - スナップショットが作成される前に、ゲストがI / Oを安定した状態にフラッシュできるようにします。これにより、fsckを実行したり、データベーストランザクションの一部を失うことなくスナップショットを使用できます。ゲストエージェントは、ゲストの相互作用を提供することで、高レベルのディスクコンテンツの安定性を実現します。
  • virsh setvcpus --guest - CPUをオフラインにするようにゲストに指示します。
  • virsh dompmsuspend - ゲストオペレーティングシステムの電源管理機能を使用して、実行中のゲストを優雅に一時停止します。