Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.16.15. ゲスト仮想マシンのインターフェース

キャラクターデバイスは、次のいずれかの形式でゲスト仮想マシンに表示されます。
パラレルポートを設定するには、管理ツールを使用して、ドメイン XML に以下の変更を行います。

図20.60 ゲスト仮想マシンインターフェイスパラレルポート


...
  <devices>
    <parallel type='pty'>
      <source path='/dev/pts/2'/>
      <target port='0'/>
    </parallel>
  </devices>
  ...
<target> には、ポート番号を指定する port 属性を指定できます。ポートには 0 から始まる番号が付けられています。通常、0、1、または 2 つのパラレルポートがあります。
シリアルポートを設定するには、管理ツールを使用して、ドメイン XML に以下の変更を行います。

図20.61 ゲスト仮想マシンインターフェースのシリアルポート


  ...
  <devices>
    <serial type='pty'>
      <source path='/dev/pts/3'/>
      <target port='0'/>
    </serial>
  </devices>
  ...
<target> には、ポート番号を指定する port 属性を指定できます。ポートには 0 から始まる番号が付けられています。通常、シリアルポートは 0、1、または 2 です。オプションの type 属性もあり、その値には 2 つの選択肢があります。1 つは isa-serial で、もう 1 つは usb-serial です。type がない場合は、isa-serial がデフォルトで使用されます。usb-serial の場合、type='usb' の任意のサブ要素 <address> で、上記の特定のコントローラーにデバイスを関連付けることができます。
<console> 要素は、対話式コンソールを表すために使用されます。以下のルールに従い、使用中のゲスト仮想マシンのタイプによって、コンソールは準仮想化デバイスである場合と、シリアルデバイスのクローンである場合があります。
  • targetType 属性が設定されていない場合、デフォルトのデバイスtypeはハイパーバイザーのルールに従います。libvirt に渡された XML を再クエリーする際に、デフォルトのtypeが追加されます。完全に仮想化されたゲスト仮想マシンの場合、デフォルトのデバイスタイプは通常、シリアルポートです。
  • targetType 属性が serial で、<serial> 要素が存在しない場合は、console 要素が <serial> 要素にコピーされます。<serial> 要素がすでに存在する場合は、console 要素は無視されます。
  • targetType 属性が serial でない場合は、通常処理されます。
  • 最初の <console> 要素のみが、serialtargetTypeを使用できます。セカンダリーコンソールはすべて準仮想化する必要があります。
  • s390 では、console 要素が sclp または sclplm (ラインモード) の targetType を使用できます。SCLP は、s390 のネイティブのコンソールタイプです。SCLP コンソールには関連付けられたコントローラーがありません。
以下の例では、virtio コンソールデバイスがゲスト仮想マシンに /dev/hvc[0-7] として公開されています (詳細については、http://fedoraproject.org/wiki/Features/VirtioSerial を参照してください)。

図20.62 ゲスト仮想マシンインターフェース - virtio コンソールデバイス


  ...
  <devices>
    <console type='pty'>
      <source path='/dev/pts/4'/>
      <target port='0'/>
    </console>

    <!-- KVM virtio console -->
    <console type='pty'>
      <source path='/dev/pts/5'/>
      <target type='virtio' port='0'/>
    </console>
  </devices>
  ...

  ...
  <devices>
    <!-- KVM s390 sclp console -->
    <console type='pty'>
      <source path='/dev/pts/1'/>
      <target type='sclp' port='0'/>
    </console>
  </devices>
  ...
コンソールがシリアルポートとして提示される場合、<target> 要素にはシリアルポートと同じ属性があります。通常、コンソールは 1 つだけです。