Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

14.2. ボリュームのクローン作成

新しいボリュームは、クローン元となるボリュームと同じストレージプール内のストレージから割り当てられます。virsh vol-clone には、--pool の引数を設定します。この引数でクローン元となるボリュームを含むストレージプール名を指示します。コマンドの残りの部分では、クローン元となるボリューム (volume3) とクローン作成される新しいボリューム (clone1) の名前を指定します。virsh vol-list コマンドを使って、ストレージプール (guest_images_disk) 内に現在あるボリュームの一覧を表示します。
# virsh vol-clone --pool guest_images_disk volume3 clone1
Vol clone1 cloned from volume3

# virsh vol-list guest_images_disk
Name                 Path                                    
-----------------------------------------
volume1              /dev/sdb1                               
volume2              /dev/sdb2                               
volume3              /dev/sdb3
clone1               /dev/sdb4
                               

# parted -s /dev/sdb print
Model: ATA ST3500418AS (scsi)
Disk /dev/sdb: 500GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start   End     Size    File system  Name     Flags
1      4211MB  12.8GB  8595MB  primary
2      12.8GB  21.4GB  8595MB  primary
3      21.4GB  30.0GB  8595MB  primary
4      30.0GB  38.6GB  8595MB  primary