Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.6. ゲスト仮想マシンの設定ファイルの編集

dumpxml オプションを使用する代わりに (参照 「仮想マシンの XML ダンプの作成 (設定ファイル)」)、ゲスト仮想マシンは、実行中またはオフライン中に編集できます。virsh edit コマンドは、この機能を提供します。たとえば、rhel6 という名前のゲスト仮想マシンを編集するには、以下を実行します。
# virsh edit rhel6
これにより、テキストエディターが開きます。デフォルトのテキストエディターは $EDITOR シェルパラメーターです (デフォルトでは vi に設定されています)。

14.6.1. KVM ゲスト仮想マシンへの複合 PCI デバイスの追加

このセクションでは、多機能 PCI デバイスを KVM ゲスト仮想マシンに追加する方法を示します。
  1. virsh edit [guestname] コマンドを実行して、ゲスト仮想マシンの XML 設定ファイルを編集します。
  2. アドレスタイプタグに、function='0x0'multifunction='on' エントリーを追加します。
    これにより、ゲスト仮想マシンで多機能 PCI デバイスを使用できるようになります。
    <disk type='file' device='disk'>
    <driver name='qemu' type='raw' cache='none'/>
    <source file='/var/lib/libvirt/images/rhel62-1.img'/>
    <target dev='vda' bus='virtio'/>
    <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x0' multifunction='on'/
    </disk>
    
    2 つの機能を持つ PCI デバイスの場合は、XML 設定ファイルを修正して、最初のデバイスと同じスロット番号と、別の機能番号 (function='0x1' など) を持つ 2 番目のデバイスを追加します。
    例を以下に示します。
    <disk type='file' device='disk'>
    <driver name='qemu' type='raw' cache='none'/>
    <source file='/var/lib/libvirt/images/rhel62-1.img'/>
    <target dev='vda' bus='virtio'/>
    <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x0' multifunction='on'/>
    </disk>
    <disk type='file' device='disk'>
    <driver name='qemu' type='raw' cache='none'/>
    <source file='/var/lib/libvirt/images/rhel62-2.img'/>
    <target dev='vdb' bus='virtio'/>
    <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x05' function='0x1'/>
    </disk>
    
  3. KVM ゲスト仮想マシンからの lspci 出力は次のことを示しています。
    $ lspci
    
    00:05.0 SCSI storage controller: Red Hat, Inc Virtio block device
    00:05.1 SCSI storage controller: Red Hat, Inc Virtio block device