Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

12.2. ボリューム

ストレージプールは、さらにストレージボリュームに分割されます。ストレージボリュームは、物理パーティション、LVM 論理ボリューム、ファイルベースのディスクイメージ、および libvirt で処理される他のストレージタイプなどを抽象化したものです。ストレージボリュームは、基礎となるハードウェアに関係なく、ローカルストレージデバイスとしてゲスト仮想マシンに提示されます。
ボリュームの参照

特定のボリュームを参照する方法として、3 種類のアプローチが可能です。

ボリュームとストレージプールの名前
ボリュームが属しているストレージプールの識別子とボリューム名を使って参照します。 virsh コマンドラインの場合、 --pool storage_pool volume_name の形式になります。
例: guest_images プール内にある firstimage という名前のボリューム
# virsh vol-info --pool guest_images firstimage
Name:           firstimage
Type:           block
Capacity:       20.00 GB
Allocation:     20.00 GB

virsh #
ホスト物理システム上のストレージへの完全パス
ファイルシステム上のボリュームへの完全パスを使って参照することもできます。この方法を採用する場合、プールの識別子を含める必要はありません。
たとえば、ホスト物理マシンシステムに /images/secondimage.img として表示される secondimage.img という名前のボリュームの場合、このイメージは /images/secondimage.img としても参照されます。
# virsh vol-info /images/secondimage.img
Name:           secondimage.img
Type:           file
Capacity:       20.00 GB
Allocation:     136.00 kB
固有のボリュームキー
仮想化システムで初めてボリュームを作成すると、固有の識別子が生成され、割り当てられます。この固有の識別子は ボリュームキー と呼ばれます。ボリュームキーの形式は使用するストレージによって異なります。
LVM などのブロックベースのストレージで使用する場合には、ボリュームキーは以下のような形式になります。
c3pKz4-qPVc-Xf7M-7WNM-WJc8-qSiz-mtvpGn
ファイルベースのストレージで使用する場合には、ボリュームキーはそのボリュームストレージへの完全パスのコピーになる場合があります。
/images/secondimage.img
例: Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr のボリュームキーを持つボリューム
# virsh vol-info Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
Name:           firstimage
Type:           block
Capacity:       20.00 GB
Allocation:     20.00 GB
virsh は、ボリューム名、ボリュームパス、またはボリュームキーの間で変換するコマンドを提供します。
vol-name
ボリュームパスまたはボリュームキーが指定されると、ボリューム名を返します。
# virsh vol-name /dev/guest_images/firstimage
firstimage
# virsh vol-name Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
vol-path
ボリュームキーまたはストレージプールの識別子とボリューム名が指定されると、ボリュームパスを返します。
# virsh vol-path Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
/dev/guest_images/firstimage
# virsh vol-path --pool guest_images firstimage
/dev/guest_images/firstimage
vol-key コマンド
ボリュームパスまたはストレージプールの識別子とボリューム名が指定されると、ボリュームキーを返します。
# virsh vol-key /dev/guest_images/firstimage
Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
# virsh vol-key --pool guest_images firstimage 
Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr