Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.2. ボリューム

ストレージプールは、ストレージボリュームに分類されます。ストレージボリュームは、libvirt が処理する物理パーティション、LVM 論理ボリューム、ファイルベースのディスクイメージ、その他のストレージタイプの抽象化です。ストレージボリュームは、基本となるハードウェアに関係なく、ゲスト仮想マシンにローカルストレージデバイスとして提示されます。

ボリュームの参照

特定のボリュームを参照するには、次の 3 つのアプローチが可能です。

ボリュームとストレージプールの名前
ボリュームは、それが属するストレージプールの識別子とともに名前で参照される場合があります。virsh コマンドラインでは、--pool storage_pool volume_name の形式を取ります。
たとえば、guest_images プールの firstimage という名前のボリュームの場合は以下のようになります。
# virsh vol-info --pool guest_images firstimage
Name:           firstimage
Type:           block
Capacity:       20.00 GB
Allocation:     20.00 GB

virsh #
ホスト物理マシンシステム上のストレージへのフルパス
ボリュームは、ファイルシステム上のフルパスによって参照される場合もあります。このアプローチを使用する場合、プール識別子を含める必要はありません。
たとえば、secondimage.img という名前のボリュームは、ホスト物理マシンシステムに /images/secondimage.img として表示されます。このイメージは /images/secondimage.img として参照できます。
# virsh vol-info /images/secondimage.img
Name:           secondimage.img
Type:           file
Capacity:       20.00 GB
Allocation:     136.00 kB
ユニークなボリュームキー
仮想化システムでボリュームが最初に作成されると、一意の識別子が生成され、ボリュームに割り当てられます。一意の識別子は ボリュームキー と呼ばれます。このボリュームキーの形式は、使用するストレージによって異なります。
LVM などのブロックベースのストレージで使用する場合、ボリュームキーは次の形式に従う場合があります。
c3pKz4-qPVc-Xf7M-7WNM-WJc8-qSiz-mtvpGn
ファイルベースのストレージで使用する場合、ボリュームキーは代わりにボリュームストレージへのフルパスのコピーである可能性があります。
/images/secondimage.img
たとえば、ボリュームキーが Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr:
# virsh vol-info Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
Name:           firstimage
Type:           block
Capacity:       20.00 GB
Allocation:     20.00 GB
virsh は、ボリューム名、ボリュームパス、またはボリュームキーを変換するためのコマンドを提供します。
vol-name
ボリュームパスまたはボリュームキーが指定されている場合は、ボリューム名を返します。
# virsh vol-name /dev/guest_images/firstimage
firstimage
# virsh vol-name Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
vol-path
ボリュームキー、またはストレージプール識別子とボリューム名が指定されている場合は、ボリュームパスを返します。
# virsh vol-path Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
/dev/guest_images/firstimage
# virsh vol-path --pool guest_images firstimage
/dev/guest_images/firstimage
vol-key コマンド
ボリュームパス、またはストレージプール識別子とボリューム名が指定されている場合は、ボリュームキーを返します。
# virsh vol-key /dev/guest_images/firstimage
Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr
# virsh vol-key --pool guest_images firstimage
Wlvnf7-a4a3-Tlje-lJDa-9eak-PZBv-LoZuUr