Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

11.2.2. ゲストエージェントとホスト間の通信設定

ホストマシンは、ホストとゲストマシン間の VirtIO シリアル接続でゲストエージェントと通信します。VirtIO シリアルチャンネルは、キャラクターデバイスドライバー (通常 Unix ソケット) 経由でホストに接続し、ゲストはこのシリアルチャンネルでリッスンします。以下の手順では、ゲストエージェントの使用に備えてホストおよびゲストマシンを設定する方法を説明します。

注記

Windows ゲストに QEMU ゲストエージェントをセットアップする方法については、こちら を参照してください。

手順11.1 ゲストエージェントとホスト間の通信設定

  1. ゲスト XML を開きます

    QEMU ゲストエージェント設定でゲスト XML を開きます。ファイルを開くにはゲスト名が必要になります。認識可能なゲストを一覧表示するには、ホスト物理マシン上でコマンド # virsh list を実行します。この例では、ゲスト名は rhel6 になります。
    # virsh edit rhel6
  2. ゲスト XML ファイルを編集します

    以下の要素を XML ファイルに追加し、変更を保存します。
    <channel type='unix'>
       <source mode='bind' path='/var/lib/libvirt/qemu/rhel6.agent'/>
       <target type='virtio' name='org.qemu.guest_agent.0'/>
    </channel>

    図11.1 QEMU ゲストエージェント設定のためのゲスト XML の編集

  3. ゲスト内の QEMU ゲストエージェントを起動します

    まだ実行していない場合は、yum install qemu-guest-agent を使用してゲスト仮想マシン内にゲストエージェントをダウンロードし、これをインストールします。いったんインストールしたら、以下のようにサービスを開始します。
    # service start qemu-guest-agent
これで設定されたキャラクターデバイスドライバー上で有効な libvirt コマンドを送信すると、ゲストと通信できます。