Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.2. virsh を使用したデバイスの接続および更新

ストレージデバイスの取り付けについては、以下を参照してください。「 ゲストへのファイルベースストレージの追加」

手順14.1 ゲスト仮想マシンが使用するホットプラグ USB デバイス

次の手順は、USB デバイスをゲスト仮想マシンに接続する方法を示しています。これは、ゲスト仮想マシンがホットプラグ手順として実行されているときに実行することも、ゲストがシャットオフされているときに実行することもできます。エミュレートするデバイスは、ホストの物理マシンに接続する必要があります。
  1. 次のコマンドを使用して、接続する USB デバイスを見つけます。
    # lsusb -v
    
    idVendor           0x17ef Lenovo
    idProduct          0x480f Integrated Webcam [R5U877]
    
    
  2. XML ファイルを作成し、論理名 (usb_device.xml など) を付けます。検索で表示されたとおりにベンダー ID と製品 ID をコピーしてください。

    図14.1 USB デバイスの XML スニペット

    
       <hostdev mode='subsystem' type='usb' managed='yes'>
          <source>
            <vendor id='0x17ef'/>
            <product id='0x480f'/>
          </source>
        </hostdev>
      ...
    
    
  3. 次のコマンドでデバイスを接続します。
    # virsh attach-device rhel6 --file usb_device.xml --config
    この例では、rhel6 はゲスト仮想マシンの名前であり、usb_device.xml は前の手順で作成したファイルです。次回の再起動時に変更を有効にする場合は、--config オプションを使用します。この変更を永続的にする場合は、--persistent オプションを使用します。変更を現在のドメインで有効にする場合は、--current オプションを使用します。詳細については、Virsh の man ページを参照してください。
  4. デバイスを切り離す (ホットアンプラグ) 場合は、次のコマンドを実行します。
    # virsh detach-device rhel6 --file usb_device.xml
    この例では、rhel6 はゲスト仮想マシンの名前であり、usb_device.xml は前の手順で添付したファイルです。