Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.16.9.6. 物理インターフェイスへの直接接続

<interface type='direct'> を使用すると、仮想マシンの NIC がホスト上の指定された物理インターフェイスに接続されます。
この設定では、Linux macvtap ドライバーが使用可能である必要があります。macvtap デバイスの動作モードとして次のモードのいずれかを選択できます vepa (仮想イーサネットポートアグリゲータ)。これはデフォルトのモード、bridge、または private です。
物理インターフェイスへの直接接続を設定するには、ドメイン XML で次のパラメーターを使用します。

図20.41 デバイス - ネットワークインターフェイス - 物理インターフェイスへの直接接続


  ...
  <devices>
    ...
    <interface type='direct'>
      <source dev='eth0' mode='vepa'/>
    </interface>
  </devices>
  ...
各モードにより、パケットの配信は表20.17「物理インターフェイス要素への直接接続」 のように動作します。

表20.17 物理インターフェイス要素への直接接続

要素説明
vepaゲスト仮想マシンのパケットはすべて外部ブリッジに送信されます。パケットの送信先が、パケットの送信元と同じホスト物理マシン上のゲスト仮想マシンであるパケットは、VEPA 対応のブリッジによりホスト物理マシンに返されます (現在のブリッジは、通常 VEPA 対応ではありません)。
bridge宛先が、送信元と同じホストの物理マシンにあるパケットは、ターゲットの macvtap デバイスに直接配信されます。直接配信する場合は、作成元デバイスと宛先デバイスの両方がブリッジモードになっている必要があります。いずれかが vepa モードにある場合は、VEPA 対応のブリッジが必要です。
プライベートすべてのパケットは外部ブリッジに送信されます。また、外部ルーターまたはゲートウェイを介して送信され、そのデバイスがホストの物理マシンに返す場合は、同じホストの物理マシンのターゲット VM にのみ配信されます。移行元デバイスまたは移行先デバイスのいずれかがプライベートモードの場合は、以下の手順が行われます。
パススルーこの機能は、移行機能を失うことなく、SRIOV 対応 NIC の仮想機能をゲスト仮想マシンに直接接続します。すべてのパケットは、設定したネットワークデバイスの VF/IF に送信されます。デバイスの機能によっては、追加の前提条件や制限が適用される場合があります。たとえば、これにはカーネル 2.6.38 以降が必要です。
直接接続された仮想マシンのネットワークアクセスは、ホストの物理マシンの物理インターフェイスが接続されているハードウェアスイッチにより管理できます。
スイッチが IEEE 802.1Qbg 規格に準拠している場合、インターフェイスには以下のような追加パラメーターを設定できます。virtualport 要素のパラメーターについては、IEEE 802.1Qbg 標準で詳細が説明されています。この値はネットワーク固有のもので、ネットワーク管理者が指定する必要があります。802.1Qbg の用語では、Virtual Station Interface (VSI) は仮想マシンの仮想インターフェイスを表します。
また、IEEE 802.1Qbg では VLAN ID にゼロ以外の値が必要です。
操作可能な追加の要素は、表20.18「物理インターフェイスの追加要素への直接接続」 で説明されています。

表20.18 物理インターフェイスの追加要素への直接接続

要素説明
manageridVSI Manager ID は、VSI タイプおよびインスタンス定義を含むデータベースを識別します。これは整数値で、値 0 が予約されます。
typeidVSI タイプ ID は、ネットワークアクセスを特徴付ける VSI タイプを識別します。VSI の種類は通常、ネットワーク管理者が管理します。これは整数値です。
typeidversionVSI タイプバージョンでは、複数のバージョンの VSI タイプが許可されます。これは整数値です。
instanceidVSI インスタンス ID 識別子は、VSI インスタンス (仮想マシンの仮想インターフェイス) が作成されると生成されます。これは、グローバルに一意の識別子です。
profileidプロファイル ID には、このインターフェイスに適用されるポートプロファイルの名前が含まれます。この名前は、ポートプロファイルデータベースにより、ポートプロファイルからネットワークパラメーターに解決され、これらのネットワークパラメーターはこのインターフェイスに適用されます。
ドメイン XML の追加パラメーターには、以下が含まれます。

図20.42 デバイス - ネットワークインターフェイス - 物理インターフェイスへの直接接続追加パラメーター


  ...
  <devices>
    ...
    <interface type='direct'>
      <source dev='eth0.2' mode='vepa'/>
      <virtualport type="802.1Qbg">
        <parameters managerid="11" typeid="1193047" typeidversion="2" instanceid="09b11c53-8b5c-4eeb-8f00-d84eaa0aaa4f"/>
      </virtualport>
    </interface>
  </devices>
  ...
スイッチが IEEE 802.1Qbh 規格に準拠している場合、インターフェイスには以下のような追加パラメーターを設定できます。この値はネットワーク固有のもので、ネットワーク管理者が指定する必要があります。
ドメイン XML の追加パラメーターには、以下が含まれます。

図20.43 デバイス - ネットワークインターフェイス - 物理インターフェイスへの直接接続、さらなる追加パラメーター


  ...
  <devices>
    ...
    <interface type='direct'>
      <source dev='eth0' mode='private'/>
      <virtualport type='802.1Qbh'>
        <parameters profileid='finance'/>
      </virtualport>
    </interface>
  </devices>
  ...
profileid 属性には、このインターフェイスに適用されるポートプロファイルの名前が含まれます。この名前は、ポートプロファイルデータベースにより、ポートプロファイルからネットワークパラメーターに解決され、これらのネットワークパラメーターはこのインターフェイスに適用されます。