Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.14. 仮想ネットワークを管理する

このセクションでは、virsh コマンドで仮想ネットワークを管理する方法について説明します。仮想ネットワークの一覧を表示するには、 以下のようにします。
# virsh net-list
このコマンドを実行すると以下のような出力を生成します。
# virsh net-list
Name                 State      Autostart
-----------------------------------------
default              active     yes      
vnet1	             active     yes      
vnet2	             active     yes
特定の仮想ネットワークのネットワーク情報を表示するには、以下のようにします。
# virsh net-dumpxml NetworkName
指定した仮想ネットワークに関する情報が XML 形式で表示されます。
# virsh net-dumpxml vnet1
<network>
  <name>vnet1</name>
  <uuid>98361b46-1581-acb7-1643-85a412626e70</uuid>
  <forward dev='eth0'/>
  <bridge name='vnet0' stp='on' forwardDelay='0' />
  <ip address='192.168.100.1' netmask='255.255.255.0'>
    <dhcp>
      <range start='192.168.100.128' end='192.168.100.254' />
    </dhcp>
  </ip>
</network>
仮想ネットワークの管理に使用される他の virsh コマンドを以下に示します。
  • virsh net-autostart network-name network-name で指定されたネットワークを自動的に開始します。
  • virsh net-create XMLfile — 既存の XML ファイルを使って新規ネットワークを生成し、 開始します。
  • virsh net-define XMLfile — 既存の XML ファイルから新規のネットワークデバイスを開始せずに生成します。
  • virsh net-destroy network-name network-name で指定されたネットワークを破棄します。
  • virsh net-name networkUUID — 指定した networkUUID をネットワーク名に変換します。
  • virsh net-uuid network-name — 指定した network-name をネットワーク UUID に変換します。
  • virsh net-start nameOfInactiveNetwork — 停止中のネットワークを開始します。
  • virsh net-undefine nameOfInactiveNetwork — 停止中のネットワークの定義を削除します。