Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第20章 qemu-kvm コマンド、フラグ、および引数

20.1. はじめに

注記

本章の主な目的は、Red Hat Enterprise Linux 6 でエミュレーターおよびハイパーバイザーとして使用される qemu-kvm ユーティリティーのコマンド、フラグ、および引数の一覧を提供することです。これは、機能することがわかっているものの、ユーザーの自己責任において使用されるオプションについての包括的な要約です。Red Hat Enterprise Linux 6 は、基礎となる仮想化テクノロジーに KVM を使用しています。使用されるマシンのエミュレーターおよびハイパーバイザーは、qemu-kvm と呼ばれる QEMU の修正版になります。このバージョンはオリジナルの QEMU の設定オプションすべてには対応しないため、追加オプションがいくつかあります。
ここに記載されていないオプションは、使用しないでください。

ホワイトリスト形式

  • <name> - 構文詳細で使用されている場合、この文字列はユーザー定義の値に置き換えてください。
  • [a|b|c] - 構文記述で使用されている場合、 「 | 」で区切られている文字列のいずれかひとつだけを使用します。
  • コメントがない場合、 オプションはあらゆる値に対応します。