Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.4. ゲスト仮想マシンのメモリー割り当て

次の手順は、ゲスト仮想マシンにメモリーを割り当てる方法を示しています。この割り当てと割り当ては起動時にのみ機能し、メモリー値への変更は次の再起動まで有効になりません。ゲストごとに割り当てることができる最大メモリーは 4TiB です。ただし、このメモリー割り当てがホストの物理マシンリソースが提供できる量を超えない場合に限ります。
有効なメモリーユニットは以下のとおりです。
  • バイトの場合は b または bytes になります。
  • キロバイトの場合は、KB になります (10 3 または 1,000 バイトのブロック)
  • キビバイトの場合は k または KiB (2 10 または 1024 バイトのブロック)
  • MB メガバイトの場合 (10 6 または 1,000,000 バイトのブロック)
  • メビバイトの場合は M または MiB (220 または 1,048,576 バイトのブロック)
  • GB (ギガバイト) (109 または 1,000,000,000 バイトのブロック)
  • ギビバイトの場合は G または GiB (30 または 1,073,741,824 バイトのブロック)
  • エクサバイトの場合は TB (1012 または 1,000,000,000,000 バイト のブロック)
  • テビバイトの場合は T または TiB (2 40 または 1,099,511,627,776 のブロック)
すべての値は、libvirt により、最も近い kibibyte に丸められます。また、ハイパーバイザーが対応する粒度に丸めることもできます。一部のハイパーバイザーは、4000KiB(4000 x 2 10 または 4,096,000 バイト) などの最小値も適用します。この値の単位は、オプションの属性 memory unit により決定されます。デフォルトは、測定単位としての KiB (キビバイト) になります。この値は、210 または 1024 バイトのブロックで乗算されます。
ゲスト仮想マシンがクラッシュした場合に、オプションの属性dumpCore を使用して、ゲスト仮想マシンのメモリーを、生成されるコアダンプ (dumpCore='on') に含めるか (dumpCore='off') 含まないかを制御できます。デフォルト設定はonしたがって、パラメーターがに設定されていない場合off、ゲスト仮想マシンのメモリーはコアダンプファイルに含まれます。
currentMemory 属性は、ゲスト仮想マシンの実際のメモリー割り当てを決定します。この値は最大割り当てよりも低くなり、ゲスト仮想マシンのメモリーを即座にバルーンアップすることができます。これを省略すると、デフォルトでは memory 要素と同じ値に設定されます。unit 属性の動作は、メモリーと同じです。
このセクションはすべて、以下のようにドメイン XML を変更する必要があります。
<domain>

  <memory unit='KiB' dumpCore='off'>524288</memory>
  <!-- changes the memory unit to KiB and does not allow the guest virtual machine's memory to be included in the generated coredump file -->
  <currentMemory unit='KiB'>524288</currentMemory>
  <!-- makes the current memory unit 524288 KiB -->
  ...
</domain>