19.12.12. 限界

ネットワークフィルターサブシステムに関して、現在既知の限界を以下に示します。
  • 仮想マシンの移行サポートは、ゲスト仮想マシンのトップレベルのフィルターで参照されるフィルターツリー全体がターゲットのホスト物理マシンでも使用できる場合に限られます。たとえば、ネットワークフィルター clean-traffic はすべての libvirt インストールで使用できる状態でなければなりません。これにより、このフィルターを参照するゲスト仮想マシンの移行が可能になります。バージョンの互換性が問題とならないよう、定期的にパッケージの更新を行い、常に最新の libvirt バージョンを使用するようにしてください。
  • インターフェースに関連しているネットワークトラフィックフィルターを失わないよう、移行はバージョン 0.8.1 またはそれ以降の libvirt インストール間で行うようにしてください。
  • VLAN (802.1Q) パケットがゲスト仮想マシンによって送信された場合、プロトコル ID が arp、rarp、ipv4、ipv6 のルールではフィルターを行うことができません。このようなパケットをフィルターできるのは、プロトコル ID が MAC か VLAN の場合のみです。したがって、clean-traffic フィルターの例の 例19.1「ネットワークフィルターの例」 は期待通りには機能しません。