Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.2. ディザスターリカバリーの準備

可能であれば、天候やその他の理由で機器が危険にさらされる状況に備えておくのが最善です。ホストの物理マシンで次のファイルとディレクトリーのバックアップを実行することを強くお勧めします。
  • /etc/libvirt ディレクトリーからのすべてのファイル。
  • /var/lib/libvirt ディレクトリーから、以下の項目をバックアップします。
    • /var/lib/libvirt/dnsmasq にある現在の dnsmasqDHCP リース
    • /var/lib/libvirt/network にある実行中の仮想ネットワーク設定ファイル
    • ゲストの現在の状態を保存するときに virt-manager によって作成されるゲスト仮想マシンファイル (存在する場合)。これらは /var/lib/libvirt/qemu/save/ ディレクトリーにあります。virsh save command を使用して仮想マシンを作成した場合、ファイルは、ユーザーが virsh save 用に指定した場所にあります。
    • qemu-img create および virsh snapshot-create コマンドによって作成され、ユーザーがコマンドに指定した場所にあるゲスト仮想マシンのスナップショットファイル。
    • virt-manager によって作成されたゲスト仮想マシンのディスクイメージ (存在する場合)。これは、/var/lib/libvirt/images/ ディレクトリーにあります。virsh pool-define コマンドを使用して仮想ストレージを作成した場合、イメージファイルはユーザーが virsh pool-define に指定した場所にあります。ゲストイメージファイルをバックアップする方法については、次の手順で説明されている手順を使用してください。手順21.1「ディザスターリカバリの目的でゲスト仮想マシンのディスクイメージのバックアップを作成する」
  • ブリッジを使用している場合は、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-<bridge_name> にあるファイルもバックアップする必要があります。
  • オプションで、/var/lib/libvirt/qemu/dump にあるゲスト仮想マシンのコアダンプファイルをバックアップして、障害の原因を分析するために使用することもできます。ただし、一部のシステムでは、これらのファイルが非常に大きくなる可能性があることに注意してください。

手順21.1 ディザスターリカバリの目的でゲスト仮想マシンのディスクイメージのバックアップを作成する

この手順では、いくつかの異なるディスクイメージタイプをバックアップする方法について説明します。
  1. ゲスト仮想マシンのディスクイメージのみをバックアップするには、/var/lib/libvirt/images にあるファイルをバックアップします。LVM 論理ボリュームを使用してゲスト仮想マシンのディスクイメージをバックアップするには、次のコマンドを実行します。
    # lvcreate --snapshot --name snap --size 8G /dev/vg0/data
    このコマンドは、64G ボリュームの一部として 8G のサイズの snap という名前のスナップショットボリュームを作成します。
  2. 次のようなコマンドを使用して、スナップショットのファイルを作成します。
    # mkdir /mnt/virt.snapshot
  3. 次のコマンドを使用して、作成したディレクトリーとスナップショットボリュームをマウントします。
    # mount /dev/vg0/snap /mnt/virt.snapshot
  4. 次のいずれかのコマンドを使用して、ボリュームをバックアップします。
    1. # tar -pzc -f /mnt/backup/virt-snapshot-MM-DD-YYYY.tgz /mnt/virt.snapshot++++++++++++
    2. # rsync -a /mnt/virt.snapshot/ /mnt/backup/virt-snapshot.MM-DD-YYYY/