Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.4. 仮想マシンのグラフィカルコンソール

このウィンドウには、ゲストのグラフィカルコンソールが表示されます。ゲストは、複数のプロトコルを使用してグラフィカルフレームバッファーをエクスポートできます。virt-manager は、VNC および SPICE をサポートします。仮想マシンが認証を要求するように設定されている場合、仮想マシンのグラフィカルコンソールは、ディスプレイが表示される前にパスワードの入力を求めます。

図15.7 グラフィカルコンソールウィンドウ

グラフィカルコンソールウィンドウ
注記
VNC は多くのセキュリティー専門家によって安全ではないと見なされますが、Red Hat Enterprise Linux の仮想化で VNC のセキュアな使用を可能にするためにいくつかの変更が加えられました。ゲストマシンは、ローカルホストのループバックアドレス (127.0.0.1) のみをリッスンします。これにより、ホストでシェル特権を持つユーザーのみが、VNC を介して virt-manager および仮想マシンにアクセスできるようになります。virt-manager は、他のパブリックネットワークインターフェースをリッスンするように設定されており、別の方法を設定することもできますが、推奨されません。
リモート管理は、トラフィックを暗号化する SSH 経由のトンネルにより実行できます。VNC は、SSH 経由でのトンネルを使用せずにリモートからアクセスするように設定できますが、セキュリティー上の理由から推奨されません。ゲストをリモートで管理するには、5章ゲストのリモート管理 の手順に従います。TLS は、ゲストおよびホストシステムを管理するためのエンタープライズレベルのセキュリティーを提供できます。
ローカルデスクトップは、ゲストマシンに送信しないようにキーの組み合わせ(Ctrl+Alt+F1 キーなど)を傍受できます。Send key メニューオプションを使用すると、これらのシーケンスを送信できます。ゲストマシンウィンドウで Send key メニューをクリックし、送信するキーシーケンスを選択します。また、このメニューから画面出力をキャプチャーすることもできます。
SPICE は、Red Hat Enterprise Linux で利用可能な VNC の代替手段です。