Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.16.13. ビデオデバイス

ビデオデバイス。
ビデオデバイスの設定を指定するには、管理ツールを使用して、ドメイン XML に次の変更を行います。

図20.58 ビデオデバイス


  ...
  <devices>
    <video>
      <model type='vga' vram='8192' heads='1'>
        <acceleration accel3d='yes' accel2d='yes'/>
      </model>
    </video>
  </devices>
  ...
graphics 要素には必須のtype 属性があり、以下の説明に従って、"sdl"、"vnc"、"rdp"、または "desktop" の値をとります。

表20.22 グラフィカルフレームバッファー要素

パラメーター説明
videovideo 要素は、ビデオデバイスを説明するコンテナーです。後方互換性のために、動画が設定されておらず、ドメイン XML に graphics 要素がある場合は、ゲスト仮想マシンの種類に応じたデフォルトの video が追加されます。ram または vram が指定されていない場合は、デフォルト値が使用されます。
modelこれには、利用可能なハイパーバイザー機能に応じて、vgacirrusvmvgaxenvbox、または qxl の値を取る必須の type 属性があります。また、vram と、ヘッドを使用した数値を使用して、ビデオメモリーの量をキビバイト (1024 バイトのブロック) で提供することもできます。
アクセラレーションアクセラレーションに対応している場合は、acceleration 要素の accel3d 属性および accel2d 属性を使用して有効にする必要があります。
addressオプションの address サブ要素を使用すると、ビデオデバイスを特定の PCI スロットに関連付けることができます。