Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.16.13. ビデオデバイス

ビデオデバイス。
ビデオデバイスの設定を指定するには、管理ツールを使用してドメイン XML に以下の変更を加えます。

  ...
  <devices>
    <video>
      <model type='vga' vram='8192' heads='1'>
        <acceleration accel3d='yes' accel2d='yes'/>
      </model>
    </video>
  </devices>
  ...

図21.58 ビデオデバイス

graphics 要素には必須の type 属性があり、これは、以下に説明するように値 "sdl"、"vnc"、"rdp" または "desktop" を取ります。

表21.22 グラフィカルフレームバッファー要素

パラメーター説明
videovideo 要素は、ビデオデバイスを記述するためのコンテナーです。下位互換性のため、video が設定されていないものの、ドメイン XML に graphics 要素がある場合、libvirt は、ゲスト仮想マシンタイプに基づいてデフォルトの video を追加します。"ram" または "vram" が指定されていない場合、デフォルト値が使用されます。
modelこれには、必須の type 属性があり、この属性は、利用可能なハイパーバイザー機能に応じて、値の vgacirrus, vmvgaxenvbox、または qxl を取ります。さらに、ビデオメモリーの容量は、ヘッドと共に vram および図の番号を使用して キビバイト単位 (1024 バイトのブロック) で指定できます。
accelerationaceleration がサポートされる場合、acceleration 要素で accel3daccel2d 属性を使用してこれを有効にする必要があります。
addressオプションの address サブ要素は、ビデオデバイスを特定の PCI スロットに関連付けるために使用することができます。