Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.6. NFS ベースのストレージプール

この手順では、virt-manager で NFS マウントポイントを使用してストレージプールを作成する方法について説明します。

12.6.1. virt-manager を使用した NFS ベースのストレージプールの作成

  1. ホスト物理マシンのストレージタブを開きます

    Host Details ウィンドウで Storage タブを開きます。
    1. virt-manager を開きます。
    2. メインの virt-manager ウィンドウからホスト物理マシンを選択します。Edit menu をクリックして、Connection Details を選択します。

      図12.24 接続の詳細

      接続の詳細
    3. Storage タブをクリックします。

      図12.25 ストレージタブ

      ストレージタブ
  2. 新しいプールを作成する (パート 1)

    + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。Add a New Storage Pool ウィザードが表示されます。

    図12.26 NFS 名とタイプを追加します

    NFS 名とタイプを追加します
    ストレージプールの名前を選択し、Forward を押して続行します。
  3. 新しいプールを作成する (パート 2)

    デバイスのターゲットパス、ホスト名、および NFS 共有パスを入力します。Format オプションを NFS または auto (タイプを検出するため) に設定します。ターゲットパスは、移行するすべてのホスト物理マシンで同一である必要があります。
    NFS サーバーのホスト名または IP アドレスを入力します。この例では server1.example.com を使用しています。
    NFS パスを入力します。この例では /nfstrial を使用しています。

    図12.27 NFS ストレージプールを作成する

    NFS ストレージプールを作成する
    Finish を押して、新しいストレージプールを作成します。