13.4.3. virsh を使用した LVM ベースのストレージプールの作成

このセクションでは、virsh コマンドを使用して LVM ベースのストレージプールを作成する場合に必要な手順について簡単に説明します。ここでは、単一ドライブ (/dev/sdc) からの guest_images_lvm という名前のプールの例を使用しています。これは、説明用の例なので、実際の設定では適切な値に置き換えてください。

手順13.3 virsh を使用した LVM ベースのストレージプールの作成

  1. プール名 guest_images_lvm を定義します。
    # virsh pool-define-as guest_images_lvm logical - - /dev/sdc libvirt_lvm \ /dev/libvirt_lvm
    Pool guest_images_lvm defined
  2. 指定した名前に応じてプールを構築します。既存のボリュームグループをすでに使用している場合は、このステップを飛ばします。
    # virsh pool-build guest_images_lvm
    
    Pool guest_images_lvm built
  3. 新規のプールを初期化します。
    # virsh pool-start guest_images_lvm
    
    Pool guest_images_lvm started
  4. vgs コマンドを使用して、ボリュームグループ情報を表示します。
    # vgs
    VG          #PV #LV #SN Attr   VSize   VFree  
    libvirt_lvm   1   0   0 wz--n- 465.76g 465.76g
  5. プールが自動的に起動するよう設定します。
    # virsh pool-autostart guest_images_lvm
    Pool guest_images_lvm marked as autostarted
  6. virsh コマンドを使用して、利用可能なプールを一覧表示します。
    # virsh pool-list --all
    Name                 State      Autostart 
    -----------------------------------------
    default              active     yes       
    guest_images_lvm     active     yes
  7. 以下の一連のコマンドで、このプール内に 3 つのボリュームが作成されます (volume1volume2volume3)。
    # virsh vol-create-as guest_images_lvm volume1 8G
    Vol volume1 created
    
    # virsh vol-create-as guest_images_lvm volume2 8G
    Vol volume2 created
    
    # virsh vol-create-as guest_images_lvm volume3 8G
    Vol volume3 created
  8. virsh コマンドを使用して、このプール内の利用可能なボリュームを一覧表示します。
    # virsh vol-list guest_images_lvm
    Name                 Path
    -----------------------------------------
    volume1              /dev/libvirt_lvm/volume1
    volume2              /dev/libvirt_lvm/volume2
    volume3              /dev/libvirt_lvm/volume3
  9. 以下の 2 つのコマンド (lvscanlvs) を使用して、新たに作成されたボリュームに関する詳細情報を表示します。
    # lvscan
    ACTIVE            '/dev/libvirt_lvm/volume1' [8.00 GiB] inherit
    ACTIVE            '/dev/libvirt_lvm/volume2' [8.00 GiB] inherit
    ACTIVE            '/dev/libvirt_lvm/volume3' [8.00 GiB] inherit
    
    # lvs
    LV       VG            Attr     LSize   Pool Origin Data%  Move Log Copy%  Convert
    volume1  libvirt_lvm   -wi-a-   8.00g
    volume2  libvirt_lvm   -wi-a-   8.00g
    volume3  libvirt_lvm   -wi-a-   8.00g