Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.5.2. virt-manager への iSCSI ターゲットの追加

この手順では、virt-manager で iSCSI ターゲットを使用してストレージプールを作成する方法について説明します。

手順12.5 virt-manager への iSCSI デバイスの追加

  1. ホスト物理マシンのストレージタブを開きます

    Connection Details ウィンドウの Storage タブを開きます。
    1. virt-manager を開きます。
    2. メインの virt-manager ウィンドウからホスト物理マシンを選択します。Edit menu をクリックして、Connection Details を選択します。

      図12.19 接続の詳細

      接続の詳細
    3. Storage タブをクリックします。

      図12.20 ストレージメニュー

      ストレージメニュー
  2. 新しいプールの追加 (パート 1)

    + ボタン (プールの追加ボタン) を押します。Add a New Storage Pool ウィザードが表示されます。

    図12.21 iscsi ストレージプールの名前とタイプを追加します

    iscsi ストレージプールの名前とタイプを追加します
    ストレージプールの名前を選択し、タイプを iscsi に変更し、Forward を押して続行します。
  3. 新しいプールの追加 (パート 2)

    このメニューのフィールドを完成させるには、「iSCSI ベースのストレージプール」手順12.4「iSCSI ターゲットの作成」 で使用した情報が必要です。
    1. iSCSI ソースとターゲットを入力します。フォーマットはゲスト仮想マシンによって処理されるため、Format オプションは使用できません。Target Path を編集することはお勧めしません。デフォルトのターゲットパス値 /dev/disk/by-path/ は、そのディレクトリーにドライブパスを追加します。ターゲットパスは、移行するすべてのホスト物理マシンで同じである必要があります。
    2. iSCSI ターゲットのホスト名または IP アドレスを入力します。この例では host1.example.com を使用しています。
    3. Source Path フィールドに、iSCSI ターゲット IQN を入力します。「iSCSI ベースのストレージプール」手順12.4「iSCSI ターゲットの作成」 を見ると、これは /etc/tgt/targets.conf ファイルで追加した情報であることがわかります。この例では iqn.2010-05.com.example.server1:iscsirhel6guest を使用しています。
    4. IQN チェックボックスをオンにして、イニシエータの IQN を入力します。この例では iqn.2010-05.com.example.host1:iscsirhel6 を使用しています。
    5. Finish をクリックして、新しいストレージプールを作成します。

    図12.22 iscsi ストレージプールを作成する

    iscsi ストレージプールを作成する