Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.32. ストレージボリュームのコンテンツの削除

virsh vol-wipe vol pool コマンドはボリュームをワイプし、そのボリューム上のデータが今後の読み取りからアクセスできないようにします。このコマンドには、ボリュームが存在するストレージプールの名前または UUID である--pool pool と、消去するボリュームの名前または鍵またはパスである pool が必要です。ボリュームをゼロで再書き込みする代わりに、引数 --algorithm と、以下のサポートされるアルゴリズムのいずれかを使用して、別のワイプアルゴリズムを選択できることに注意してください。
  • zero - 1-pass all zeroes
  • nnsa - 4-pass NNSA Policy Letter NAP-14.1-C (XVI-8) for sanitizing removable and non-removable hard disks: random x2, 0x00, verify.
  • dod - 4-pass DoD 5220.22-M section 8-306 procedure for sanitizing removable and non-removable rigid disks: random, 0x00, 0xff, verify.
  • bsi - 9-pass method recommended by the German Center of Security in Information Technologies (http://www.bsi.bund.de):0xff, 0xfe, 0xfd, 0xfb, 0xf7, 0xef, 0xdf, 0xbf, 0x7f.
  • gutmann - The canonical 35-pass sequence described in Gutmann’s paper.
  • schneier - 7-pass method described by Bruce Schneier in "Applied Cryptography" (1996):0x00, 0xff, random x5.
  • pfitzner7 - Roy Pfitzner’s 7-random-pass method: random x7
  • pfitzner33 - Roy Pfitzner’s 33-random-pass method: random x33.
  • random - 1-pass pattern: random.s
注記
アルゴリズムの可用性は、ホストにインストールされている "scrub" バイナリーのバージョンにより制限される場合があります。

例20.92 ストレージボリュームのコンテンツを削除する方法 (ストレージボリュームをワイプする方法)

以下の例では、ストレージボリュームnew-volのコンテンツを消去します。このコンテンツには、ストレージプールvdiskが関連付けられています。
# virsh vol-wipe new-vol vdisk

vol new-vol wiped