Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.2. vhost-net の無効化

vhost-net モジュールは、virtio ネットワーク用のカーネルレベルのバックエンドで、ユーザー空間(QEMU プロセス)およびカーネル( vhost-net ドライバー)にマッピング可能な、仮想化のオーバーヘッドを軽減します。vhost-net は、virtio ネットワークインターフェースでのみ利用することができます。vhost-net カーネルモジュールが読み込まれている場合は、すべての virtio インターフェースに対してデフォルトで有効化されますが、vhost-net が使用されている場合に、特定のワークロードが原因でパフォーマンスが生じる場合は、インターフェース設定で無効にできます。
具体的には、UDP トラフィックがホストマシンからゲスト仮想マシンに送信された場合、ゲスト仮想マシンがホストマシンを送信する速度で受信データを処理すると、パフォーマンスが低下する可能性があります。このような場合、vhost-net を有効にすると UDP ソケットの受信バッファーがより迅速にオーバーフローされ、パケットが失われます。したがって、この状況で vhost-net を無効にし、トラフィックを低下させる方が良いので、全体的なパフォーマンスが向上します。
vhost-net を無効にするには、ゲスト仮想マシンの XML 設定ファイルで <interface> サブ要素を編集し、以下のようにネットワークを定義します。
<interface type="network">
   ...
   <model type="virtio"/>
   <driver name="qemu"/>
   ...
</interface>
ドライバー名を qemu に設定すると、パケット処理を QEMU ユーザー空間に強制的に実行し、そのインターフェースの vhost-net を無効にするようになります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。