Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.20. 仮想マシンの XML ダンプの作成(設定ファイル)

virsh dumpxml コマンドは、必要に応じて使用、保存、または変更できるゲスト仮想マシンの XML 設定ファイルを返します。
その後、XML ファイル(guest.xml)を使用してゲスト仮想マシンを再作成できます( 「ゲスト仮想マシンの XML 設定の編集」 を参照)。この XML 設定ファイルを編集して、追加デバイスを設定したり、追加のゲスト仮想マシンをデプロイしたりできます。

例20.48 ゲスト仮想マシンの XML ファイルの取得方法

以下の例では、guest1 仮想マシンの XML 設定を取得して guest1.xml ファイルに書き込み、プロセスが正常に完了したことを確認します。
# virsh dumpxml guest1 > guest1.xml
# cat guest1.xml
<domain type='kvm'>
  <name>guest1-rhel6-64</name>
  <uuid>b8d7388a-bbf2-db3a-e962-b97ca6e514bd</uuid>
  <memory>2097152</memory>
  <currentMemory>2097152</currentMemory>
  <vcpu>2</vcpu>
  <os>
    <type arch='x86_64' machine='rhel6.2.0'>hvm</type>
    <boot dev='hd'/>
  </os>
[...]

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。